ホーム > mixiニュース > 国内 > 幻の「黄色いアサガオ」再現 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • うを!!��でも遺伝子操作かあ(´・ω・`)変化朝顔は種を残せないけど、でもそれを江戸時代の人はいかに交配して生み出したか。の方が学術的に意味があるんじゃないかなあ。理系女子ですまんww
    • 2014年10月11日 19:00
    • イイネ!65
    • コメント3
  • どんなすごい色なんだろうと思ったが、画像で見てみると実に胡瓜の花である。
    • 2014年10月11日 20:10
    • イイネ!33
    • コメント4
  • 江戸時代にできて現代でできない理由が分からん。
    • 2014年10月11日 17:30
    • イイネ!31
    • コメント8
  • ほんとに黄色だー!朝顔は調べたら調べると面白いらしくって、友達が大ハマリしてたよ。珍しい種も分けてくれて、確か団十郎っていう茶色いので風情があって綺麗だった�Ԥ��Ԥ��ʿ�������来年ぐらい市場に出ないかなぁ。
    • 2014年10月11日 18:35
    • イイネ!20
    • コメント2
  • てか、遺伝子操作して作ったもので再現したと言われてもなぁ・・・・・・昔の人は遺伝子操作なんかせずにそれを作り出してたわけでしょ?
    • 2014年10月11日 19:42
    • イイネ!18
    • コメント0
  • そもそも江戸時代にはどうやって黄色い朝顔を咲かせていたのか…「なぜ不可能となっていたのか」が書かれてないので、すげえもやっとする(´・ω・`)
    • 2014年10月11日 23:11
    • イイネ!15
    • コメント0
  • 今年、かなり珍しい「黄色いタンポポとヒマワリ」を見つけた…地球って凄いな(´・ω・`)
    • 2014年10月11日 20:00
    • イイネ!15
    • コメント16
  • 遺伝子操作もなしに黄色い朝顔を咲かせていた江戸時代…あなどれぬ。
    • 2014年10月12日 09:04
    • イイネ!11
    • コメント6
  • 黄色いアサガオだけは追いかけちゃいけない...(c_c)
    • 2014年10月11日 19:26
    • イイネ!9
    • コメント0
  • どの飼養動植物においても消えて行った品種って数知れないんだろうね
    • 2014年10月12日 10:54
    • イイネ!8
    • コメント1
  • まぁ、花の色を変化させる遺伝子操作は、日本の研究技術ではお手の物なんだろうけど、この朝顔の色は秀逸だね…。種子を成さない変化朝顔も復活させる研究して欲しいな…。
    • 2014年10月11日 18:43
    • イイネ!8
    • コメント12
  • 江戸時代の黄色い朝顔復元ですね。江戸時代の種の出来ない変化朝顔の品種も継承が難しいです。
    • 2014年10月11日 18:33
    • イイネ!7
    • コメント2
  • 種欲しい!!
    • 2014年10月11日 17:43
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 夢幻花
    • 2014年10月11日 17:38
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 黄色の朝顔か…香るシクラメンも間もなくだな�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2014年10月12日 08:43
    • イイネ!5
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

関連ワード

前日のランキングへ

ニュース設定