ホーム > mixiニュース > コラム > 延命治療は愛情か家族のエゴか > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10年近く前にじーちゃんが心筋梗塞で倒れた時、延命しないとすぐ決めて交代で付き添った。発作から5日目、家族が病室に揃うのを待ってたように旅立った。あれで良かったと思う。 https://mixi.at/agteVB8
    • 2017年10月21日 14:23
    • イイネ!799
    • コメント7
  • 余計な延命は地獄の拷問に等しいと思う。苦痛の緩和だけにして、あとは流れで逝けたら幸せかも。末期ガン発覚から3ヶ月もたなかったうちのジイさまが後者だった。痛み止めを強めるまで、新聞読んで見舞い客と話して、歩いてトイレにも行って、最後は静かな流れで逝ったよ。
    • 2017年10月21日 14:19
    • イイネ!440
    • コメント2
  • 患者本人が延命を望んでいるのなら兎も角… 死を望んでいるのに延命させるのはエゴだと思います。 辛い気持ちは察しますが…本人の意思を尊重してあげましょう。
    • 2017年10月21日 14:09
    • イイネ!328
    • コメント0
  • 介護士ですが、基本的に無理な延命はしたくないです( ´•ω•` ) 苦痛を和らげる為のお薬なら良いかもですが...。
    • 2017年10月21日 14:03
    • イイネ!321
    • コメント13
  • とりあえず、死ぬときはぽっくり死にたい。
    • 2017年10月21日 15:42
    • イイネ!304
    • コメント4
  • 死なせてあげるのも愛だと思う…
    • 2017年10月21日 14:09
    • イイネ!282
    • コメント4
  • 家族の問題というのはウソ。まず医者は有無を言わさず延命処置をする。その上で「外したら死ぬ」「あなたは殺しますか?」と家族に聞く。そもそも死なせなかったのは医者のエゴ。
    • 2017年10月21日 14:49
    • イイネ!237
    • コメント10
  • 意思のやりとりが出来なくなったら自分ではない。そうなったらお仕舞いにして欲しい。もう充分だ。
    • 2017年10月21日 14:31
    • イイネ!202
    • コメント0
  • 残酷と見るかどうかは価値観の差でしかない。「死」を受け入れるだけの時間がない場合もあれば、家庭の事情も存在する。個々の事情に沿った看取りを考えるべきでしょうね。
    • 2017年10月21日 14:09
    • イイネ!171
    • コメント2
  • ただ死んでいないだけの無意味な生に異を唱えることが出来るようになっただけでも進歩だわね。管を多数繋がれた状態で息だけしている状態を本当に生きていると言えるのかって話。
    • 2017年10月21日 14:05
    • イイネ!164
    • コメント2
  • 回復の見込みが無ければ、それが天命。
    • 2017年10月21日 13:55
    • イイネ!146
    • コメント0
  • 間違いなくエゴだと思うが、延命の判断を責められない。その時には「どんな状態でも良いから生きていて欲しい」と思ってしまう。
    • 2017年10月21日 14:44
    • イイネ!142
    • コメント2
  • 延命で回復するならいいけど 悪くなるのを遅れさせるだけなら いらない
    • 2017年10月21日 14:59
    • イイネ!122
    • コメント0
  • あくまで私案だけど、75才を過ぎたら薬も治療も不可ってのは、どうでしょう?高齢者が袋一杯の薬を持ってるのを見る度、疑問に思います�ͤ��Ƥ���
    • 2017年10月21日 16:06
    • イイネ!102
    • コメント47
  • 100歳で他界した祖母、亡くなる1ヶ月前まで身の回りのこと自分で出来てた。体調崩して入院したが延命等は断って、長く過ごした自宅に戻り自然にまかせて残りの数日を過ごしたよ
    • 2017年10月21日 18:39
    • イイネ!80
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定