ホーム > mixiニュース > 海外 > 「一歩間違えば、米国人大学生の二の舞いに?」経験者が語る、北朝鮮旅行のヒヤリ体験 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事を最後迄読んだ感想��������…ただで報償金100万もろても行きたく無い���ʥѡ���
    • 2017年07月17日 18:00
    • イイネ!38
    • コメント3
  • 北朝鮮に旅行に行く人がいることに仰天してます。
    • 2017年07月17日 18:45
    • イイネ!32
    • コメント5
  • 刺激を求めて北朝鮮に行くんか?自殺行為にも等しい気がするんだが…。罰ゲーム以外の何ものでもない。
    • 2017年07月18日 02:40
    • イイネ!22
    • コメント0
  • 日本のサヨク・パヨクやマスゴミは自覚無い、或いは意図的にスルーや否定してるけど、韓国や中国も同じだからね(´・ω・`) 俺個人の印象、イメージとしてはロシアに旅行したほうが、まだマシって感じw
    • 2017年07月17日 19:20
    • イイネ!17
    • コメント0
  • まあ永遠に行くことは、ないでしょうけど(;¬_¬)ジー
    • 2017年07月17日 19:58
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 馬鹿しか行かんよ。 https://mixi.at/abzMJb6
    • 2017年07月18日 00:35
    • イイネ!11
    • コメント2
  • 北朝鮮に行こうと思うのが理解できん。
    • 2017年07月17日 20:24
    • イイネ!9
    • コメント1
  • 金氏朝鮮への旅行自体、ヒヤリドキリだろ?金日成�֥�や金正日�֥�の銅像への献花や参拝は、生命保険ならぬ帰日保険じゃねーか…ɽ�����Ĥ�����🥒�������������������Ե�
    • 2017年07月17日 20:06
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 北朝鮮政府自体がテロ支援政府やん>テロや犯罪被害に遭う可能性は皆無
    • 2017年07月17日 19:16
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 「恐怖政治により,イデオロギーを次々と排斥し,純粋化した過程,これが粛清の過程であった」(伊藤冬美「フランス大革命に抗して―シャトーブリアンとロマン主義」中公新書)
    • 2017年07月17日 19:16
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 宗教文化や伝統的価値観を徹底的に破壊した社会では、政治的指導者を神格化し、徹底的な統制を強制するしか秩序を維持する術がない。労働意欲や規範意識が喪われた国は無機質な全体主義に陥るしかなくなる。
    • 2017年07月17日 18:56
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 「ホテルに聖書を置き忘れ…」って有るけど、其の前に税関で何故引っ掛からない?
    • 2017年07月17日 20:23
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 「シナには平等はあっても自由はないから,そこに生れる統治形態は当然に専制政治である」(G・W・F・ヘーゲル「歴史哲学」岩波文庫) 恐怖政治! http://m.youtube.com/watch?sns=gr&v=gLmYqvaqVm4
    • 2017年07月17日 19:26
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 「慣習が消滅するとき,社会秩序は根底より揺らがざるをえない」(中略)「秩序を維持するには,もっと露骨な手段―暴力に訴えるほかなくなる」(エドマンド・バーク「[新訳]フランス革命の省察」PHP研究所)
    • 2017年07月17日 19:16
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 「この空中楼閣は,天空にも大地にも支えを少しも持たなかったため,最初の嵐の一吹きで消え去ってしまった」フランソワ・ルネ・ド・シャトーブリアン「政治省察集」※『シャトーブリアンにおける自由の表象』
    • 2017年07月17日 19:25
    • イイネ!4
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定