ホーム > mixiニュース > コラム > なぜ子どもは好き嫌いが多い? > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 子供の頃は嫌いやったけど、大人になったら好きになって食べれるようになった食べ物って結構あるよね。だから無理して食わす必要はないと思う。 https://mixi.at/a3rPjCg
    • 2018年02月13日 08:03
    • イイネ!150
    • コメント28
  • だが大人には「人の好き嫌い」が激しい者もいる。
    • 2018年02月13日 08:10
    • イイネ!77
    • コメント7
  • 私が牛乳とタクアンがダメなので子供達には「好き嫌いは2つまでなら許す!!」ってずっと言ってたけど2人とも好き嫌いのない子になった。そこは素直に賞賛するしかねぇ。
    • 2018年02月13日 08:13
    • イイネ!63
    • コメント5
  • これ、大人の偏見。中高年の方が好き嫌い多くて大変だよ。流通の悪い時代に出回ってなかった物や新しい食べ方や薄味を嫌って、結局同じような物を甘辛く煮て食べるだけ。で、太るのに栄養不足。
    • 2018年02月13日 08:20
    • イイネ!62
    • コメント8
  • 母親が料理下手って場合は?(一人暮らし始めて判ったけど、うちの母、自分で思ってるほど料理上手じゃなかった)
    • 2018年02月13日 09:27
    • イイネ!54
    • コメント0
  • 友人が「ピーマンは好きだけどパパは嫌い」と言われてた(´・ω・`) https://mixi.at/a3rPjCg
    • 2018年02月13日 11:48
    • イイネ!51
    • コメント23
  • ほうれん草は、茹でる時に砂糖を湯に加えるだけで、かなりエグミが取れるよ。
    • 2018年02月13日 08:09
    • イイネ!46
    • コメント10
  • 苦味はコゲとか毒、酸味は腐敗を感じ、本能的に忌避する能力が人間には備わってるのだとも聞いた。味蕾の減少とは別に、経験から「安全」である事を学んで、苦手だった味を食べられるようになる部分もあるんだとか。
    • 2018年02月13日 10:17
    • イイネ!45
    • コメント1
  • 生野菜が大好きな我が家の孫(2歳8カ月)はセロリやキュウリ・ピーマン等も生でポリポリ。好きな料理でも不味いと感じたら「ママ。これ美味しくないと」子供の味覚は生まれた時から凄いと…
    • 2018年02月13日 08:05
    • イイネ!42
    • コメント11
  • 親の下拵えが下手な影響も有ったりする(*^o^*)
    • 2018年02月13日 08:33
    • イイネ!41
    • コメント6
  • 我が家では、朝食のおかずで毎回ピーマンが出た。細く切って油で炒めただけのシンプルなものだがしょうゆをかけて食べると絶品で兄弟で取り合って食べた。おふくろのおかげでピーマンは大好きです。
    • 2018年02月13日 09:46
    • イイネ!36
    • コメント7
  • ひょっとしたら、その食材にアレルギーがあって、無意識に「嫌な味」として吐き出している可能性もあるから、どうしても嫌がる食材は食べさせないほうがいいよ。
    • 2018年02月13日 09:59
    • イイネ!33
    • コメント5
  • てか、大人の方が好き嫌いが多いけどな。俺なんざ、このトシに為ると、食い物どころか、飲む酒や煙草に好きなバイクやクルマの銘柄迄が固定されるから。嫌いなもんは食わねーで良い。そしたら美味いもんだけ食えるよ。
    • 2018年02月13日 10:37
    • イイネ!32
    • コメント4
  • 食べ物の好き嫌いは無いが、人間の好き嫌いは激しい…
    • 2018年02月13日 18:47
    • イイネ!26
    • コメント0
  • 味蕾だけではなく味覚・し好が変わることもあると思いますが、、。私も子どもの時、親の作る干し大根は大嫌いでした。しかし、大人になって、妻の作る干し大根の料理をおいしく思うようになりました。
    • 2018年02月13日 08:11
    • イイネ!19
    • コメント6

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定