ホーム > mixiニュース > 地域 > 失った息子へ 買い続けたJUMP > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 天国で読んでると思うよー母ちゃんありがとうって。もういいからそれより身体に気をつけていつも笑っていてと言ってるよ。たぶん。
    • 2018年06月13日 11:24
    • イイネ!1033
    • コメント0
  • 薄情かもしれないが、……、最後の一行を読んで心が救われた。いつかは区切りをつけなければいけないよね。
    • 2018年06月13日 11:25
    • イイネ!814
    • コメント9
  • お母さんの気持ち考えたら涙とまりません。 終わらせてしまいたくない、ご自身の気持ちの拠り所のひとつだったのかな。子供が先に逝くなんて苦しすぎるよね。 https://mixi.at/a9TJ9Ey
    • 2018年06月13日 11:23
    • イイネ!466
    • コメント0
  • その行為をすることで救われるのは、実際には亡くなった人間ではなく生きている人間。生きている人間が楽になれるのが一番。と坊さんが言っていたような言ってなかったような。 https://mixi.at/a9TJ9Ey
    • 2018年06月13日 11:35
    • イイネ!419
    • コメント2
  • 「儀式」は亡くなった人のためだけじゃない。残された者が気持ちの整理や区切りをつけるためでもある。
    • 2018年06月13日 11:48
    • イイネ!366
    • コメント0
  • どんなに意味のないことでも、それで気が紛れるのなら、、、。
    • 2018年06月13日 11:14
    • イイネ!229
    • コメント0
  • 「無駄なことしてる」と言う意見もあるようですが、やっぱり故人が好きだったものは継続してお供えしたいと思うのが家族の心情かと。私も亡くなった旦那が大好きだった「おおきく振りかぶって」と↓
    • 2018年06月13日 11:42
    • イイネ!225
    • コメント9
  • 供養は なくなった方への鎮魂、成仏への思いと、それ以上に、遺族自身が納得し、救われるためなんだとつくづく思った…(-人-)
    • 2018年06月13日 11:45
    • イイネ!201
    • コメント0
  • ありがとうお母さん
    • 2018年06月13日 11:22
    • イイネ!146
    • コメント0
  • こうしてやれば良かった、ああしてやれば良かった。対象者が子でも親でも配偶者でも、失ってから後悔することがいかに多いか。そう言う私も父を失った時同じように後悔したから母はその分面倒みてる
    • 2018年06月13日 11:25
    • イイネ!145
    • コメント4
  • もうさ。切なすぎて切なすぎて、泣ける
    • 2018年06月13日 11:29
    • イイネ!130
    • コメント1
  • この件じゃないけど、作者がコメントしてたよね。毎週ファンレター貰ってたのに、地震あって日から無くなって心配だって。
    • 2018年06月13日 11:40
    • イイネ!101
    • コメント2
  • JUMPを買う度に震災を思い出す生活も苦しいだろうね…公太君の為にも来年からは楽しい生き甲斐見付けて欲しいです
    • 2018年06月13日 11:41
    • イイネ!77
    • コメント0
  • それも供養、しかし生き残った者が心に区切りを付けて初めて亡き者が成仏すると思う。
    • 2018年06月13日 11:58
    • イイネ!76
    • コメント0
  • このお母さんにしか分からない気持ち。外野が何か言うことじゃありません。そう、お察しします。
    • 2018年06月13日 12:35
    • イイネ!62
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定