ホーム > mixiニュース > アクセス数ランキング

2017年10月24日のランキング

第1位 生後10か月で30kgに、難病か写真103 生後10か月にして9歳児並みの体重に(画像は『Metro 2017年10月20日付「The baby boy who weighs as much as a 9-year-old due to rare condition」(Picture: CEN)』のスクリーンショット) Techinsight Japan 10月23日 11:53
第2位 18回流産を経験 念願の初出産写真207 48歳で待望の第1子を出産した女性(画像は『Mirror 2017年10月18日付「Woman who suffered 18 miscarriages and spent £80k on IVF finally becomes mum aged 48」(Image: Caters)』のスクリーンショット) Techinsight Japan 10月23日 16:33
第3位 タイタニック乗客の手紙が落札写真45 ロイター 10月23日 17:15
第4位 日本人にはピンとこない蔑称「日本鬼子」、いつから使われ出したんだろう?=中国写真50 中国では日本に対する蔑称がいくつか存在するが、そのなかに「日本鬼子(リーベン・グイヅ)」というものがある。日本人にとってはピンとこない言葉だが、これはどのような経緯で使用されることになったのだろうか。(イメージ写真提供:123RF) サーチナ 10月23日 12:13
第5位 ISが一時支配の町 128人の遺体NEW8   朝日新聞デジタル 10月23日 23:47
第6位 西洋のお盆・ハロウィンをコスプレ祭りにしてしまった日本人=中国メディア写真23 今年もハロウィンの季節がやってきた。街には魔女の帽子やかぼちゃのおばけのイラスト、飾り物が目立ち、各種店舗では様々な種類の仮装グッズがディスプレイされている。中国メディア・今日頭条は20日「日本人がハロウィンをコスプレ祭りに変えてしまった」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:(c)aduldej/123RF) サーチナ 10月23日 11:13
第7位 カーター元大統領が訪朝に意欲写真53 ロイター 10月23日 14:28
第8位 米国最強? 圧力団体NRAの正体写真NEW15 2016年にあった全米ライフル協会(NRA)の年次総会で、銃を手にする人たち=2016年5月、ケンタッキー州、ロイター ウィズニュース 10月24日 07:01
第9位 「日本衰退」の幻覚を見ている中国人、われわれとの差を認識しないと永遠に追いつけないぞ=中国写真26 中国では、経済成長率が低迷する日本について「まもなく没落する」と認識している人が少なからず存在する。中国は国内総生産で世界第2位となってからも経済成長を続けているため、相対的に日本の成長率が非常に低く見えるのは理解できる。だが、「日本はまもなく没落する」という論調は正確なのだろうか。(イメージ写真提供:123RF) サーチナ 10月23日 10:13
第10位 ロンドンで大気汚染対策強化写真18 ロイター 10月23日 10:02
第11位 北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」16   ニューズウィーク日本版 10月23日 21:02
第12位 日本の映画やドラマでよく見る「生卵」、われわれも中国の卵で試していいのだろうか?=中国写真29 すき焼きに卵かけご飯など、日本では生卵を食べる機会が多い。加熱調理する卵料理でも、完全に火が通っていないトロトロの「半熟状態」が好まれる。その習慣は、中国の人にとってはしばしば奇異に映るようだ。中には興味をもって生で食べてみようと思う人もいるかもしれないが、中国での生食は避けたほうが良さそうだ。(イメージ写真提供:123RF) サーチナ 10月23日 15:14
第13位 障害を抱える生徒の母を嘲笑した教師5名 会話の内容がFacebookで拡散され休職へ(米)写真8 見覚えのある教師の姿をFacebookで見つけた母親、「あなたたちに教職は向いていない」と抗議(画像は『Angela Hartfelder 2017年10月13日付Facebook「I am beyond livid. I know these teachers.」』のスクリーンショット) Techinsight Japan 10月23日 15:14
第14位 中国の教育ママの間で「日本式幼児教育」がブーム? でも「これ」だけは中国式の方がいい=中国写真NEW14 近年、中国では子どもを持つ親たちの多くが、子どもにとって最高の教育とは何かを模索し、その一環として日本の教育に着目するようになっている。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と中国の子ども達が受ける「教育の環境」を比較する記事を掲載した。(イメージ写真提供:(c)/wee8088123RF) サーチナ 10月23日 13:13
第15位 毎日夜遅くまで残業している日本人が長寿な理由は意外とシンプルだった=中国写真14 日本人の長寿ぶりは中国でも広く知られている。健康志向が強く、長生きしたいと考える中国人は多いため、同じアジア人である日本人が長寿であることが気になってしまうようだ。(イメージ写真提供:123RF) サーチナ 10月23日 22:13
第16位 中国、2035年までに国内大気環境基準の達成目指す=環境保護相18   ロイター 10月23日 19:35
第17位 ホーキング博士1966年の博士論文が公開。「人々が星空を見上げ、我々の居場所について考える機会に」写真     ホーキング博士1966年の博士論文が公開。「人々が星空を見上げ、我々の居場所について考える機会に」 Engadget 10月24日 06:33
第18位 中国が世界の秩序を乱す。米国務長官が語る日米印同盟の可能性写真17 まぐまぐニュース! 10月23日 21:10
第19位 「FBでシェア数1,000に達したら出頭する」警察にメッセージした男、差し入れのドーナツ持参で現れる(米)<動画あり>写真 Facebookで賭けをした容疑者、ドーナツ持参で出頭(画像は『Redford Township Police Department 2017年10月16日付Facebook「This evening at approximately 6:30 pm Michael Zaydel made good on his promise to turn himself in to RTPD for his outstanding warrants.」』のスク Techinsight Japan 10月23日 21:03
第20位 「台湾のタイムゾーンを日本に合わせよう!」という提案を台湾芸能人が「低能」と一蹴=台湾メディア写真NEW13 世界各国には地域に合わせて時差があり、国・地域ごとに1時間あるいは30分刻みのタイムゾーンが設定されている。基準になるのは英グリニッジ天文台であり、日本と韓国はグリニッジ標準時+9時間、中国大陸と台湾は+8時間がそれぞれの標準時となっている。台湾ではこのほど、標準時を1時間早めて日本と韓国に合わせようという提案が民間から出された。 サーチナ 10月23日 16:13

※過去24時間以内に配信された記事のランキング