ホーム > mixiニュース > 海外 > 米・KFC、犬に襲われ眼球を失った3歳女児を入店拒否。(ミシシッピ州)

米・KFC、犬に襲われ眼球を失った3歳女児を入店拒否。(ミシシッピ州)

21

2014年06月16日 11:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真ピットブル3頭に噛まれ眼球を失った3歳女児 (画像はclarionledger.comのスクリーンショット)
ピットブル3頭に噛まれ眼球を失った3歳女児 (画像はclarionledger.comのスクリーンショット)

獰猛なため手放す人も多いと知りながら、愛嬌のある顔つきで人気のピットブル。今年4月にも米ミシシッピ州で幼児がピットブルに襲われる悲惨な事故が起きていたが、その子の顔面の傷跡があまりにも生々しいとして、有名ファストフードレストランが入店を断っていたことが分かった。

今年4月に米ミシシッピ州ジャクソンで起きた、ヴィクトリア・ウィルチャーちゃんという3歳の幼児が獰猛なピットブルに噛みつかれ、大変な怪我を負うという事件。このほど地元メディア『Clarion-Ledger』紙は、そのヴィクトリアちゃんがジャクソンにあるケンタッキー・フライド・チキンで、「お顔を他のお客様が怖がってしまう」との理由から入店を断られていたことを伝えている。両親はその時の様子について、Facebookで「Does this face look scary to you?(娘の顔はそんなに怖いですか?)」と添えてこの写真を公開(画像はclarionledger.comのスクリーンショット)。大変な怒りをぶつけたのであった。

その痛ましい流血事件が起きたのは今年4月のこと。ヴィクトリアちゃんはトレーラー暮らしをしている祖父が飼うピットブル3頭に噛みつかれ、顎、鼻と頬骨を噛まれて片方の眼球を失い、顔面にはいまだにその激しい損傷の跡が見て取れる。治療を経て笑顔を見せるほどに回復しているが、成長にともなってこれからも皮膚形成手術が必要になることはいうまでもない。

このたびの一件についてKFCの広報担当リック・メイナード氏は、「我々は苦情のない店づくりを目指しており、この件を大変深刻に受け止めております。可愛らしい女の子を心ない言葉で傷つけてしまったことをお詫びし、ご家族には精一杯の誠意をみせて行きたいと思います」と述べ、店員への教育を含め徹底した調査を行うことを約束した。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • こういうのを差別と言う、もちろん差別はアカン。聞いてるか、「しゃべつニダ」と叫ぶ在日やマイノリティーども!
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • しかし、狂犬に襲われて、「片目失明」という大怪我を負った子どもの入店を、「顔」だけで拒否るだなんて、ナンという差別的な対応か…!「天国の」カーネル・サンダースおじさんは、果たして、如何程にお考えなのかね…?
    • イイネ!7
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(11件)

関連ワード

前日のランキングへ

ニュース設定