ホーム > mixiニュース > 国内 > 幻の「黄色いアサガオ」再現

江戸時代以来…幻の「黄色いアサガオ」の再現に成功

382

2014年10月11日 17:10  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真これが幻の黄色いアサガオ/基礎生物学研究所HPより引用
これが幻の黄色いアサガオ/基礎生物学研究所HPより引用

 江戸時代の絵画などには描かれていながら、現在では育成することができなくなっていた幻の「黄色いアサガオ」を基礎生物学研究所や鹿児島大学などからなる研究グループが再現に成功したと発表した。
 アサガオは、野生型(原種)の場合、青い花が咲く。それが栽培の盛んとなった江戸時代、品種改良が頻繁に行われるようになり、赤や桃、紫、白など多彩な色が育成されていったが、現在では黄色い花を作るのは不可能となっていた。
 そこで研究グループでは、黄色い花がカロテノイドやオーロンといった色素によって生成されていることを踏まえた上で、キンギョソウの花が黄色い色素をつくる仕組みに着目。その遺伝子をアサガオに導入することにより、幻とされていた黄色いアサガオの再現に成功した。
 今回の実験成功を受けて基礎生物学研究所では「花の細胞が色素の合成と蓄積を調節して発色する仕組みが明らかになると期待されます」と語っている。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 夕顔みたいだ。けど、最近のこういう技術の進歩ってたしかにすごいと思うんだけどさ。なんか違う気がするんだよね。昔は、こんなことしないでもそこにあったわけで。夢が、幻が科学に壊されてるようにも思う
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • うを!!��でも遺伝子操作かあ(´・ω・`)変化朝顔は種を残せないけど、でもそれを江戸時代の人はいかに交配して生み出したか。の方が学術的に意味があるんじゃないかなあ。理系女子ですまんww
    • イイネ!65
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(99件)

関連ワード

ニュース設定