ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > IT総合 > マイクロン、ダイナミック書込アクセラレーション搭載の Crucial SSD 最上位機種後継機などを発売

マイクロン、ダイナミック書込アクセラレーション搭載の Crucial SSD 最上位機種後継機などを発売

0

2015年01月08日 13:22  インターネットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

インターネットコム

写真マイクロン、ダイナミック書込アクセラレーション搭載の Crucial SSD 最上位機種後継機などを発売
マイクロン、ダイナミック書込アクセラレーション搭載の Crucial SSD 最上位機種後継機などを発売
マイクロンジャパンは、「Crucial SSD(ソリッドステートドライブ)」新モデル「Crucial MX200 SSD」「Crucial BX100 SSD」2種を発表した。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

Crucial MX200 は最上位機種「M550」の後継機。Crucial BX100 は大ヒット製品「MX100」の兄弟機で、HDD と比較して大きく向上した性能を低価格で提供する SSD。1月下旬から順次出荷される。

MX200 には 250GB/500GB/1TB 容量をラインアップ。ファイルタイプにかかわらず、連続読込/書込速度がそれぞれ最大で555MB/s と 500MB/s。耐久性評価は 1TB モデルで 320 TBW(書込バイト総数)と、一般的なクライアント SSD の約5倍の耐久性があるという。

また、MX200 は、コンシューマードライブとしては市場で唯一、ダイナミック書込アクセラレーションを搭載しており、高速でファイルを保存/転送できる。

さらに MX200 には「Acronis True Image」HD データ移行ソフトウェアが付属し、あらゆるファイル、OS、設定、プログラムを、既存の HDD から SSD に移行できる。

BX100 には 120GB/250GB/500GB/1TB 容量をラインアップ。連続読込/書込速度は、ファイルタイプにかかわらず、最大 535MB/s と 450MB/s。HDD の15倍以上の高速で転送できるので、ほぼ瞬時に起動、プログラムを数秒でロードできる。

また「Extreme Energy Efficiency」技術により、エネルギー効率が HDD の2倍に向上し、少ない電力でシステムを長時間使用できるとのことだ。

さらに BX100 は、Crucial 製品で初めて Silicon Motion 製 SM2246EN コントローラを搭載している。

    あなたにおすすめ

    関連ワード

    ランキングIT・テクノロジー

    前日のランキングへ

    ニュース設定