ホーム > mixiニュース > 経済 > 京都鉄道博物館の収蔵車両53両が決定! 0系新幹線第1号車も - 2016年春開業

京都鉄道博物館の収蔵車両53両が決定! 0系新幹線第1号車も - 2016年春開業

4

2015年05月20日 21:32  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真写真提供:マイナビニュース
写真提供:マイナビニュース

JR西日本は20日、京都鉄道博物館(2016年春開業)の収蔵・展示車両が決まったと発表した。梅小路蒸気機関車館に収蔵している20両の蒸気機関車を含む全53両を収蔵・展示する。


京都鉄道博物館は、京都府京都市の梅小路エリアに新設される地上3階建ての博物館。既存の梅小路蒸気機関車館と一体化した施設となり、総面積は約3万1,000平方メートル、収蔵車両数では日本最大級の鉄道博物館となる。


今回の発表によれば、全53両のうち最も多いのは蒸気機関車の23両、続いて客車9両、新幹線6両、電気機関車・電車各5両となっている。収蔵車両には0系新幹線第1号車や、時速300kmでの営業運転でギネスブックに登録された500系新幹線、戦後の特急列車を牽引した国鉄最大の蒸気機関車C62形など、歴史的に価値ある車両も多数含まれるという。


来年春の開業に先立ち、地元の学生を対象に京都鉄道博物館公式キャラクターのコンペを実施することも発表された。参加できるのは、京都嵯峨芸術大学、京都市立芸術大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、成安造形大学の「京都五芸大」の学生。6月15日まで応募を受け付け、事務局で10作品に絞ってから一般投票を行い、最終的に一般投票上位2作品と選考委員会上位2作品の中から審査で採用作品を決定する。一般投票開始は7月中旬、キャラクター決定は10月中旬になる見込み。


(佐々木康弘)



☆マイナビベアのミクシィ部屋で人気の記事公開中☆

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 弁天町にあった旧交通科学博物館の展示物を移設するようで楽しみ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定