ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > 来年3月で打ち切りとなるフジの昼ドラ “敗戦処理役”は、産休から復帰の佐藤江梨子で……

来年3月で打ち切りとなるフジの昼ドラ “敗戦処理役”は、産休から復帰の佐藤江梨子で……

2

2015年12月28日 09:10  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

 フジテレビの昼ドラ(東海テレビ制作)は来年3月いっぱいで、打ち切りになることが同局の亀山千広社長から正式に発表されているが、その“敗戦処理役”を、産休から復帰する佐藤江梨子が担うことが明らかになった。  そのドラマとは、来年2月1日スタートの『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』(月〜金曜午後1時25分〜)。佐藤は今年8月に第1子となる男児を出産したが、これが仕事復帰作となる。  同ドラマは、幸せの真っただ中にいたある日、突然のゲリラ豪雨による鉄砲水に夫と娘を奪われた主人公・石原里子(佐藤)が、血のつながらない娘との絆を糧に、もがき苦しみながらも幸せを求め続ける物語。  相方となる夫・雄介役は宅間孝行が務める。そのほかのキャストとして、遠藤久美子、宮地真緒、ほの花、舞優、いしのようこ、柄本明、竜雷太の出演が決まっている。  佐藤が連ドラにレギュラー出演するのは、『夫婦善哉』(2013年8〜9月/NHK総合)以来、2年半ぶり。民放となると、12年10月期の『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』(フジテレビ系)以来だ。  1964年5月にスタートしたフジの昼ドラは、実に52年の長きにわたって、主婦層を中心に親しまれてきた。現在は『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)の連続転勤ドラマ「辞令は突然に…」で、妻・東はるみ役を演じている黛英里佳主演の『新・牡丹と薔薇』がオンエアされている。 「終わることが決まっているドラマ枠で、好んで主演を引き受けるタレントなんて、そうそういません。フジ、東海テレビも、もはや力を入れることもできません。サトエリは女優としてのランクは高くないですし、視聴率が取れなかったからといって、叩かれることもないでしょう。その意味で、ブランクのあるサトエリは適任ともいえますし、彼女にとっては、いいリハビリになるのでは? 男性ファンが見たいと思っても、この時間帯ではリアルタイムで見れる人は少なく、視聴率にも反映しないでしょう」(テレビ関係者)  この昼ドラ枠は、ドロドロとした愛憎劇が繰り広げられる作品も多く、打ち切りを残念がる声も少なくない。佐藤には“敗戦ムード”を吹き飛ばすような演技を期待したいものだが……。 (文=森田英雄) 【関連記事】 ・“演劇系事務所”に移籍の佐藤江梨子「産後ヌード」の可能性が高まった!?イエローキャブから「再生工場」へ移籍の佐藤江梨子、“ヌードOK”の可能性は?佐藤江梨子の結婚発表でひと区切り? 小池栄子も離脱濃厚で“巨乳軍団”崩壊危機女優・佐藤江梨子が突如“脱いで”写真集を出したワケ「ビキニ披露は事務所と意中の男性のため?」小池栄子・佐藤江梨子「イエローキャブ」2トップの移籍騒動に、事務所側は“圧力”で対抗の泥仕合

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • サトエリも復帰ですか( ̄▽ ̄;)女優ってイメージはあまりないですが、グラビアアイドルとして有名ってイメージが( ̄▽ ̄;)
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

関連ワード

ニュース設定