ホーム > mixiニュース > 経済 > 【レビュー】“かゆいところニーズ”を丁寧に拾った授乳室検索アプリ「ママパパマップ」

【レビュー】“かゆいところニーズ”を丁寧に拾った授乳室検索アプリ「ママパパマップ」

0

2016年07月15日 12:02  MAMApicks

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MAMApicks

写真写真
赤ちゃん連れのお出かけで、最も不安になるのは「授乳室」のありか。

最近はオムツ替え台は公衆トイレにもかなり設置されるようになったので、オムツ替えについてはそんなに困らないが、授乳室はまだまだ見つけにくいのが現状である。

私も赤ちゃん連れでお出かけするときは、授乳室が見つからなかったときのために必ず授乳ケープを持ち歩き、喉も乾いていないのにカフェに入って端っこの席でこっそり授乳する……ということがしばしばある。

とくに夏は授乳ケープの中は暑く、赤ちゃんも汗だくになってしまうので、授乳室で授乳できるのが母子ともに一番ありがたい。

そんな授乳中ママにオススメの授乳室検索アプリをピックアップしたい。
その名も「ママパパマップ」。おもに1歳以下の子どもを持つママとパパによって制作されたアプリというだけあって、“かゆいところニーズ”が丁寧に拾えていてかなり使いやすい。


私は2年前の上の子の授乳生活中、他社の授乳室検索アプリは使ったことがあるが、情報が少なかったり、授乳室のブース数やキレイさなどのスペック情報に乏しいものが多く、結局あまり使わなかったという経緯がある。しかし、こちらの「ママパパマップ」は、授乳室の詳しいスペックまで確認できて、ちょっと使っただけでも、「これはかなり使える!」と感じた。

まず、アイコンで「オムツ替え台の有無」「授乳室の有無」がすぐ分かるというのがポイント。オムツ替え台のみのところ、授乳スペースと両方あるところ、中には授乳室のみのところというのもあるので、ニーズに応じた探し方ができるのがとても良い。

授乳室自体がほとんどない「授乳室過疎エリア」では、選択の余地なく最寄りの授乳室を目指せば良いが、ショッピングエリアや大型商業施設などの「授乳室点在エリア」では、授乳室のブース数などの情報や清潔さの口コミ情報を見て、好みの授乳室が選択できる。気に入ったスポットは「お気に入り」に登録することも可能。

また、各スポットの場所は、建物名だけではなく「何階にある」まで記載されているので、初めての場所やとくに大きな施設では非常に見つけやすい。

このような授乳室やオムツ替え台のスポット情報は、子育て中のママ・パパからいかに鮮度の高い情報を集められるかが重要なポイントになると思うが、こちらのアプリは新しいスポットの投稿もとても簡単にできてしまうので、うまく作られていると感じた。私もさっそく自分の地元エリアの授乳室情報を登録して、「ふふふ」と満足。

夏は暑いし、ただでさえ引きこもりがちな乳児との生活であるが、ツールで解決できることもあるなぁ〜と実感したアプリであった。

授乳室検索アプリのママパパマップ
iPhoneアプリ
https://mamamap.jp/


森田 亜矢子
コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機にフリーランスに。現在は、Baby&Kids食育講師・マザーズコーチング講師・ライターとして活動中。2才の長女と今春第二子が誕生予定のママ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定