ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 声優・山崎エリイ、ソロデビュー決定後初の単独イベントは笑顔と拍手の溢れるなか無事に終了!

声優・山崎エリイ、ソロデビュー決定後初の単独イベントは笑顔と拍手の溢れるなか無事に終了!

0

2016年11月15日 11:51  キャラペディア

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャラペディア

写真声優・山崎エリイさん
声優・山崎エリイさん
2016年11月16日(水)にアルバム『全部、君のせいだ。』にてソロデビューが決定しているホリプロ所属の山崎エリイが11月5日(土)にニコニコ本社B2Fイベントスペースで「山崎エリイ デビューアルバム発売記念!『全部、君のせいだ。』大解剖?!試聴会」を開催した。

山崎エリイは2011年に「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン 次世代声優アーティストオーディション」に参加。ファイナリストに残り、ホリプロ所属となった後、2013年にアニメ『サムライフラメンコ』の森田萌役で声優としてデビューし、活動を始める。その後も、テレビアニメ、ゲーム、ドラマCDなどに多数出演し、人気・知名度共に上昇中。音楽活動としては、同じくホリプロに所属し、同い年である木戸衣吹とユニット「every(ハート)ing!」を結成し、キングレコードよりアーティストデビュー。高校卒業を経た2016年、19歳の誕生日直前にアルバムにてソロデビューが決定した。

11月5日(土)18:30よりニコニコ本社B2Fイベントスペースへ集まった山崎エリイのファンたち。期待が膨らむ会場のステージへまずはZERO-A所属の工藤智美プロデューサーが登場。簡単な挨拶で場を和ませた後、ファン全員による「エリイちゃーん!」という大きな掛け声のもとに山崎が姿を現す。ボルドー色のベレー帽に赤いチェックのワンピースを着こなした可愛らしい姿に、会場は大盛り上がりの様相を呈す。

デビューアルバムが完成したことに対し山崎は「一つのカテゴリに絞られない楽曲が揃っている印象。ひとつでも『これが好きだな』というものが見つかったらいいな」と想いを述べる。工藤が「あなたのエリイはどれかな!?」と煽ると、期待と興奮から会場及び生放送のコメントは大いに湧いた。

まずは表題曲の「全部キミのせいだ」におけるレコーディング時のことを思い出し、いろいろな捉え方のできる歌詞に対して手探りで進めていかなければならず「一番戸惑った」曲であると語る山崎。また、参加するスタッフが多かったことに対しての緊張を言葉にすると、工藤から飛び出した“赤坂親父祭り”という奇妙なワードになぜか会場からは拍手が起きた。山崎いわく「“おじさま”なのか”おうじさま”なのかわからなくなった」ところで曲紹介に入る。

ここからは各楽曲に対して込められた想いや思い出話が語られてから実際に試聴を続けていくスタイルで試聴会は続く。試聴は1番サビまでとなるが、殆どの曲が初公開であり、すでに公開済みの曲に関してもライブイベント中心であったため初めて耳にするファンは多く、全員が真摯に耳を傾けている姿が見受けられた。リズムに合わせて身体を揺らす人、思わず手足を小刻みに動かしてしまう人、それぞれが思い思いに試聴会を楽しんでいる様子が伝わってくる瞬間であった。

会場と同様に生放送のコメント欄も楽曲ごとに盛況となる。「声が綺麗」、「大人っぽい」、「かわいい」、「かっこいい」……ファン期待通りの魅力が詰まった曲に喜んでいるのは当然のこと、それぞれにおいてこれまでのイメージを覆す、期待以上のパフォーマンスであったことを感じさせるコメントの数々であった。例えば2曲目の「星屑のシャンデリア」では「クールエリイちゃん」と呼ばれ、5曲目の「雨と魔法」などでは「浄化される……」と画面の向こうのファンから度々感動を伝えられていた。

今回のイベントは何もただ楽曲を聞くためだけに集められたわけではない。3曲目の「Lunatic Romance」が終了したところで特別コーナーの『全部、エリイのせいだ。』が開催された。関係者やファンから集められた、「○○なエリイのせいで、○○してしまった!」という証言エピソードの公開だ。最初に発表された内容は「札幌で『星屑のシャンデリアを歌ったとき、間奏の“投げキッス“でグッときてしまった』という関係者からのもの。コメントを求められる山崎は「実は本番で考えた」振り付けであることを暴露。すると工藤が突然煽りだし、なんと山崎はこの場で”投げキッス“を再現する運びに。工藤とファンの共謀による5秒カウントの後、山崎は恥ずかしがりながらとても控えめな”投げキッス“を披露。当然ファンは歓喜し、会場ではこの日一番の歓声が湧き上がると生放送では感激のコメントが大量に流れた。

数曲の試聴を行ってから『全部、エリイのせいだ。』企画を開催する、という段取りを繰り返し、試聴会は終盤、10曲目の「My first love」へ。「この曲は家族愛、大切な人に向けての気持ちを歌にしたようなイメージが私の中にはあって、とても大切な曲になりました」という山崎の言葉から送り出された優しい旋律にファンは感動し、会場はとても暖かい空気に包まれる。そして試聴後、山崎はさらに続けた。

「私にとって(大事な人が)家族というのはひとつあるのですが、普段応援してくださっている方とか、そういう方々への感謝の気持ちを何か声にして伝えられたら嬉しいなと思って、なるべくAメロBメロで語りかけるように歌って、サビでも暖かさとかそういうものを残しつつ歌わせていただきました。この(デモ)曲を家族の前で初めて流したとき、お父さんは「うーん」って感じで(俯いてしまい)、お母さんは頬に涙が……みたいな。初めて見たんですよ、家族のそういうところ。レコーディングのときも家族のこととか、ファンの方ひとりひとりのこれまで楽しかったこととかを思い出しつつ歌わせていただきました。冗談抜きで、この曲はそういうメッセージをどうにか入れたいなと思って、感情的になってしまいました」

11曲目の「星の数じゃたりない」を試聴した後、大きな拍手に包まれる会場。工藤や関係者からは度々山崎の楽曲に対する向き合い方の素晴らしさが語られたが、山崎自身は「4ヶ月間ちゃんとお時間をいただいたからこそできたことなので、毎日感謝で溢れていました」と締めた。

終了の時間が近づき会場が名残惜しさに包まれているところ、各種告知が行われた。まずは全曲試聴のダイジェスト動画がYoutubeにて公開。こちらはイベント後の5日21時より開始されている。そしてなんと、表題曲の「全部キミのせいだ」がテレビ東京の番組『アニメマシテ』における11月度のオープニング曲に採用!山崎も「びっくりなんです」と驚きを露わにしていた。

告知と挨拶も終わり、そのままイベントは終了……と思いきや、なんとここでも『全部、エリイのせいだ。』が紹介される。最後の最後にはスタッフ一同から「エリイちゃんのMVが可愛すぎるせいで毎晩見ちゃって寝不足」という熱いエピソードが伝えられ、ファンからは感動の声が上がっていた。

スタッフ注目のMVを見つつ、試聴会は幕引きとなる。約1時間30分という時間ではあったが、山崎エリイの想い、実力、成長……そしてファンからの応援を肌で感じることのできる貴重なイベントは、終始笑顔と拍手に包まれた優しい空間となった。11月16日の発売に対し、発売日当日含めリリースイベントやバースデーイベントが企画もされており今後に期待せざるを得ない、山崎エリイに注目だ。

【この記事の全情報・全画像はこちら】

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定