ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > 福士蒼汰 悪役でイメージ脱皮

【無限の住人】福士蒼汰、初の悪役でイメージ脱皮「楽しみ」

222

2017年01月11日 08:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『無限の住人』に、剣客集団・逸刀流の統主・天津影久役で出演する福士蒼汰 (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
映画『無限の住人』に、剣客集団・逸刀流の統主・天津影久役で出演する福士蒼汰 (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
 沙村広明氏の人気漫画を木村拓哉主演で実写化した映画『無限の住人』(4月29日公開)に、剣客集団・逸刀流の統主・天津影久(あのつ・かげひさ)役で出演する俳優・福士蒼汰。これまで、自身の人柄そのまま好青年を演じることが多かった福士だが、今作では初の悪役に挑む。

【動画】杉咲花、福士蒼汰らが登場 『無限の住人』WEB用特報映像

 原作は、累計発行部数750万部突破を誇る人気漫画。不死身の剣士・万次(木村)と、復讐のために彼を用心棒として雇った少女・凜(杉咲花)が、壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれる。福士が演じるのは、日本随一の強者たちを従えた“勝つことのみを目的とする”剣客集団・逸刀流の統主・天津影久。凜の両親を惨殺した仇討の相手で、目的のためなら手段を選ばず、美しい姿からは想像もできないほどの圧倒的な強さ誇る剣士だ。

 今年1月、撮影が行われた京都では、三池崇史監督から「暴力的に、美しく」と演出され、天津として妖艶な存在感を放つ福士がいた。

 初の時代劇とは思えないほど馴染んでいるように見えたが、「難しいなと感じています。殺陣や所作だったり、自然に慣れているように美しさを出すことが難しいです」と苦悩もある。

 かねてより演じてみたいと希望してきた“悪役”に挑む心境は「作品としては悪役ですが、天津自身は自分を悪だとは思っていないので、善だと思って演じている」と明かし、「でも、作品のなかでは悪。どう見られるのか僕自身も楽しみ」と期待。

 万次演じる木村とは、現場での姿勢からも学ぶことがあるといい、「最初は緊張しました。木村さんが現場にいる姿を見て、僕の気も引き締まります」。真摯(しんし)に役に向き合う姿を目の当たりにし、「役者としても、一人の男としても学ぶところが多いです」と尊敬を込めていた。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 悪役も良さそう💕どこかセクシーな感じ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 宇宙キターからもう5年経つのか
    • イイネ!69
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(101件)

チケット情報

チケット

福士蒼汰のチケット

チケット出品&リクエスト受付中

ニュース設定