ホーム > mixiニュース > 経済 > TDLサーキット閉鎖を惜しむ声

「34年間ありがとう」 東京ディズニーリゾート「グランドサーキット・レースウェイ」閉鎖に別れを惜しむ声が続々

723

2017年01月12日 14:20  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真グランドサーキットレースウェイ 写真:ITmedia
グランドサーキットレースウェイ 写真:ITmedia
 東京ディズニーランド開園以来、34年にわたって来場者を楽しませてきたゴーカート「グランドサーキット・レースウェイ」が1月11日、運営最終日を迎えました。その思い出をツイートするハッシュタグ「#ありがとうグランドサーキットレースウェイ」が盛り上がりを見せています。

【画像】34年間の合計周回数

 「グランドサーキット・レースウェイ」が登場したのは、東京ディズニーランドがオープンした1983年4月15日のこと。Twitter上には「小さな頃から乗っていた」「身長が伸びて、1人で乗れるようになったときはうれしかった」「初めてのドライブデートがここだった」と自分の成長に重ね合わせて、同アトラクションを振り返る人たちが。

 また、ガソリンエンジンを搭載した車両を使用していたこと、スタート時につなぎを着用したキャストが「レッツゴー!」と掛け声を入れていたことから、独特の香りやレース会場を連想させる雰囲気が記憶に染みついているという声も現れています。

 長年愛されてきたアトラクションだけあって、最終日にはたくさんの人が訪れ、別れを惜しんでいたもよう。中には、自作の横断幕を用意してくる来場者もいたようです。

 オリエンタルランドが昨年4月に発表した開発計画によると「グランドサーキット・レースウェイ」の跡地には「美女と野獣エリア(仮称)」などが設けられる予定。思い出深い場所がなくなるのは悲しいものの、来場者をわくわくさせてくれる新たな施設の登場にも期待してしまいます。


東京ディズニーランド/東京ディズニーシーが今後の開発計画を発表 「美女と野獣」や「ベイマックス」など新アトラクションを投入へ
ディズニーシー「ストームライダー」終了に反対の声 裏側にあった綿密なストーリー設計、オリエンタルランドの見解は
「キャプテンデイビスは、僕の心の中に生き続けている」 ストームライダーに出演した磯部弘さんがファンへメッセージ

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 小さい頃母親と初めて乗り、母親の運転がまぁ荒く、レールにガンガンぶつかって気持ち悪くなったのを覚えてます。時代だなぁ。記事読んでて涙腺緩んでくるわ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • とにかくイッツ・ア・スモールワールドは絶対に無くさないことだ。
    • イイネ!182
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(240件)

ニュース設定