ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > 高瀬裕章(ディアステージ代表取締役)、「アイドルマネジメントの魅力」と「でんぱ組.incとディアステージのこれから」を語る。アイドルLOUNGE オフイベントVol.3レポート

高瀬裕章(ディアステージ代表取締役)、「アイドルマネジメントの魅力」と「でんぱ組.incとディアステージのこれから」を語る。アイドルLOUNGE オフイベントVol.3レポート

2

2017年02月13日 07:00  きみだけLIVE

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

きみだけLIVE

写真高瀬裕章(ディアステージ代表取締役)、「アイドルマネジメントの魅力」と「でんぱ組.incとディアステージのこれから」を語る。アイドルLOUNGE オフイベントVol.3レポート
高瀬裕章(ディアステージ代表取締役)、「アイドルマネジメントの魅力」と「でんぱ組.incとディアステージのこれから」を語る。アイドルLOUNGE オフイベントVol.3レポート

2017年1月31日、東京・恵比寿にて「アイドルLOUNGE オフイベントVol.3〜アイドルマネジメントの魅力〜」が行われた。

アイドルシーンで精力的に活動しているゲストスピーカーを招き、ここでしか聞けないトークを展開するアイドルLOUNGE (https://lounge.dmm.com/detail/186/)。
今回は、アイドルのトップマネジメントの考え方と手法を知ることがテーマに掲げられた。

ゲストには、トップアイドル「でんぱ組.inc」をはじめとしたアイドルマネジメントを担い、さらには店舗やネット、イベントの実施と成功でアイドルシーンをリードする、高瀬裕章氏(株式会社ディアステージ 代表取締役)を招き、アイドルコンテンツプロデューサーの霤捗嗅藥瓩コーディネーターとなってトークが展開された。

〜高瀬裕章(たかせひろあき)氏(株式会社ディアステージ 代表取締役)〜
1999年大学卒業後、イベント運営会社へ入社し某女性シンガーソングライターの専任スタッフとして国内及び海外での活動を約12年間に渡ってサポート、コンサートのワールドツアー制作なども担当。2011年に株式会社ディアステージを設立、アニソンシンガーの育成や、アイドルグループ「でんぱ組.inc」のプロデュースをはじめ、秋葉原ディアステージの店舗マネジメント、自社でフェスや運動会などのイベントも仕掛けるなど、ディアステージの全プロジェクトをプランニングしている。

〜霤捗嗅蕁覆呂泙世靴紊鵑筺忙瓠淵▲ぅ疋襯灰鵐謄鵐張廛蹈妊紂璽機/アイドルLOUNGEコーディネーター)〜
アイドルフェス・ライブ・ファンクラブ・映像配信・ゲームなど様々な取組のプロデューサーや責任者をこれまでつとめてきた。

▼「ファンとのコミュニケーションを学ぶことが面白い」〜高瀬氏が進めるディアステージ各事業〜

霤帖Ч眄イ気鵑箸い┐弌▲ぅ戰鵐箸筌▲ぅ疋襯灰鵐謄鵐弔隆愀玄圓漏А◆屬箸辰討蘯蠅瓦錣ぁ廚隼廚辰討い襪呂困任后幣弌法B任噌腓錣擦覆匹気擦督困と、細かいところまでとことん考え計算されているといつも思います。

 高瀬さんは、アイドルマネジメント、事務所経営者としてスケールの大きいお仕事を色々と考え、それぞれ同じものがない、個性的でファンが楽しめるものを多く実行されています。そんな、高瀬さんは、アイドルマネジメントのどんなところが面白いと思っておられるんでしょうか。

高瀬:ファンとのコミュニケーションを学ぶことは面白いですね。自分がまだそのジャンルに対する理解が足りないときは、「こういうことをすればファンの皆さんが喜んでくれるんじゃないかな」というアイデアをライブやイベントで実施して、ファンの方々の盛り上がりを見て勉強していました。来場されたファンが「今日のイベント、神イベだったよね」って言っているのを遠巻きに聞いたりすると、ありがたく、楽しくもあり、そう感じてくれる方を増やすのがまたすごく楽しいですね。

 一方で、ファンの方たちに気づかれないようにこちらの意図する方向に導くこともやっています。でんぱ組.incで積極的にやろうと思ったのは、「こういうお客さんを増やしたい」と自分の中で考え、さらには元々いた既存のファンの方もそういう方向に導くこと。私は直接ファンの方とは触れ合わないわけですけれども、でんぱ組.incを通して音楽やファッションを理解してもらってどんどん受け入れてもらっているのを感じるのが、ファンの方とのコミュニケーションにおいてすごく面白い。逆に自分が意図しない方向(良い意味で)にいったときに分析することも楽しいです。

霤帖Щ笋盒Υ兇靴泙后ファンの反応を見るというのはアイドルマネジメント担当者にとってもイベントなどコンテンツ制作者にとっても楽しいことだと思います。

image

霤帖Д妊アステージさんは、エンターテイメント界において、垂直統合を進めて成功した企業だと思います。

(垂直統合:ある企業が、自社製品・サービスを市場に出すにあたり、場合によってはM&Aなどで経営資源を補強しながら事業の上流から下流まで統合し高い競争力を保つビジネスモデル)

株式会社ディアステージの主な事業 
■タレントマネジメント
■ライブイベントスペース及びバー「秋葉原ディアステージ」運営
■DJバー「MOGRA」運営
■自社タレント、他社タレントイベント企画・運営、通販サイト運営
■自社タレント、他社タレントグッズの制作販売、
■専用チャンネル「81チャンネル」の運営

霤帖Ш2鵑離フイベントはアイドルマネジメントをテーマにしていますけど、プロデューサーとしても高瀬さんが行動されているからこそ、ディアステージ全体のやり方とアイドルマネジメントの仕組みと仕掛けがはまってうまくいってきたんだと思います。

 マネジメントや自社店舗、イベントを自力で息継ぎなく進められている、アイドル界の先頭ランナーであるディアステージさんと高瀬さんに、それぞれの事業がどのような存在なのか、またどうお考えなのか、お聞かせ頂きたいです。

高瀬:まず、「秋葉原ディアステージ」のほうは尖ったカルチャーの場として確立されています。好きな人はすごく意識して頂いていて、非常に面白い場所ですけど、入りづらい感じでシャッターも閉ざされていて中からライブの声が聞こえてくるなど、入りたい人からすると「重い扉」があるんです。以前はお客さんの集まらない日もありました。

 私が関わりだして気付いたのが、自分が元々持っている知識とか常識だけで進めてはいけない場所だ、ということでした。「秋葉原ディアステージ」だけじゃなく、そこにいる女の子やキャスト、お客様をウォッチして、「何をしたら喜んでくれるのか」「どういう場所としてここを求めているのか」というのを勉強しました。

 その上で、お店のコンセプトとして初めに、「プロモーションにお金をかけない」というのを決めたんです。いわゆる広告出稿とかをやらないでいこうと決めました。その代わりにキャストの子達の店外の活動やSNSでの情報発信だったり、来場して頂いたファンの方のバズとかで成り立たせようと考えました。初めはうまくいかなかったのですが、活躍していくアイドルグループが出てきて、さらにそこから情報を得た業界関係者の人伝や、ファンの方が頻繁にお店に足を運んで頂いて。今、「キャストとしてしっかり働くと次のステージが出てくる」ということがお店の活性化にもつながり、お客様にもそういった空気感が伝わり、経営的にも良い循環が保たれています。

 キャストとして登録しているのは30〜40人(1日10~15人が勤務)、お客さんは週末だと150人ぐらい、平日だと100人前後と認識しています。

▽秋葉原ディアステージ
http://dearstage.com/

image
image
image

高瀬:「MOGRA」は、今任せている店長がこのジャンルの客層を掴むイベントを組むことができています。クラブって「怖い場所」「女の子だと危ない場所」というイメージが一般的にはあると思うんですけど、「MOGRA」に関して言えば、他にあまりないコンセプトで、六本木とか渋谷のクラブに行きづらいかなという層の需要をうまく取り込んで、音楽ジャンルの中でも他ではやれないようなものを「MOGRA」のなかでやるという、独自の環境づくりができているのかなと思います。

▽MOGRA
http://club-mogra.jp/

image
image

霤帖特に「秋葉原ディアステージ」は、年間通すと大きく3万人超えとすごいお客様の数です。強い印象が残る場所ですよね。確かになんとなく入りづらいかも、ですが、入ると独特の雰囲気に浸れる、そういった空間だと感じました。

 WEB戦略、サービスもかなり進められていますよね。

高瀬:「81チャンネル」という、ディアステージ所属アーティストの出演番組・動画をまとめた専用チャンネルを運営しています。「81」という数字は、日本の国番号からきています。でんぱ組.incは、「萌えキュンソングを世界にお届け」というキャッチフレーズなんですけれども、このチャンネルもコンテンツを海外に発信できるようになれたらいいな、という願いを込めてこういう名前にしました。

 いまディアステージのタレントも色んな番組に出演させて頂いていますが、番組が放送されているときは皆さんに見て頂いたり拡散されたりするんですけれど、放送後に時間が経つとその映像はどこにいったのかなという状況になってしまいますので、それらをひとつのポータルとしてまとめておけば、後から興味を持ってもらった方にも観てもらいやすくなるなと。コンテンツをダウンロードしたり、音楽を聴いてもらえることに少しでも繋げられればいいなと考えています。今後はオリジナルのコンテンツを多く作ることを目標に進めていきたいと考えています。

▽81チャンネル
http://www.81ch.tv/

image

高瀬:SNSに関しては、個人的には元々あまり活用していなかったので、やり方も初めはわからない部分が多かったのですが、ディアステージに集まるキャストやファンがSNSに非常に強い方が多くて、こちらから積極的に発信したり依頼をしなくても、彼らが面白いと思うものを提供できていると、こちらが意図する以上に拡散してくれたので。

 ファンの方が拾い上げて拡散する面白さというものがあって、初めは意図的にそこに頼ってやっていました。しかしファンの方だけに頼っていると、本当に発信したいものが発信できなかったり、うまく告知が広がらないとイベントとか番組がダメになってしまう。それらを補完する為に今では、例えばですけど、ディアステージでは情報の告知専門のスタッフがいて、様々なSNSに書き分けながら情報発信をする仕組みを作り上げています。

 ネットは自分よりもネット世代の若いキャスト・タレントのほうが詳しいので、指導というよりは「やってはいけないこと」や「使ってはいけない言葉のチェック」とか、リスク回避の部分を担っています。日々SNSは進化しているので、新しいアイデアを若い世代のタレントさんから逆に教えてもらって、それがマネジメント的に問題ないかどうかチェックして柔軟に取り入れているっていう感じです。SNSに関してはわりと受け身で、個人的にはいまだに皆さんから教えてもらっている感じです。

霤帖А屬海譴鬚笋襦△笋蕕覆ぁ廖崛箸燹∩箸泙覆ぁ廚箸いΨ菽任髻▲優奪箸砲弔い討眦堙戮気譴討たと思いますが、どういったお考えですか?

高瀬:たくさん露出はさせたいんだけども、ブランドを崩してしまうと拡散はしますが、最終的にプラスのプロモーションになるのか、広まったのはいいがマイナスのプロモーションになるのかっていうことを考えたときに、なるべくマイナスな形に見えないようなセーフティをかけたというのが一番強いと思います。アイデンティティーを共有できているところとだけ進めたほうがいいのかなというリスク回避で、消極的な部分もありました。

 自分たちが考えている会社全体のコンセプトとか方向性を、新しいプラットフォームの方と共有するのには、時間と労力がかかります。ですので、色んな番組などでご一緒したりして、阿吽の呼吸でわかってもらえるとことだけやらせてもらっています。今後は物理的な問題でスタッフを増やす必要がありますが、今後はいままでよりも多くの媒体さんともお付き合いしていきたいと思っています。

霤帖Д侫.鵑肇▲ぅ疋襪砲茲覬親芦餞覯茵嵬兪霸親芦顱廚砲弔い討癲△匹里茲Δ雰舒泙芭ち上げられたのかお聞きしたいです。

高瀬:「妄想運動会」はすごく単純な発想で、2020年に東京オリンピックがあるので、エンターテイメント界の人間としては何か関われたらいいな、自分たちでその機会を作ってやろうと思いました。オリンピック選手の祭典ではあるんですけど、一般の方たちが興味を持たないと最大限の盛り上がりにはならないと思っていて、だとしたらアイドルファンやアイドル本人も積極的に興味を持って、2020年に向けて国全体の取り組みのひとつとして少しでも関われたらな、という願いで始めてみました。

 「妄想運動会」以外にも今年1月からフットサルをスタートしています。これ以外にもいくつか運動と絡めた企画を、まだできるかわからないですが、ボルダリングとかゴルフとかも考えています。これらを通して、色々な層の方々にも参加してもらえたらなという想いもあります。アイドルとスポーツを絡める事で、ファンの方もライブ以外のアイドルの姿を見れるし、楽しめるかなと思い企画を立てました。また、まだ詳細は決まっていませんが、今年も体育の日に併せて運動会の会場を押さえてありますので、今年は早めに発表してたくさんのグループやファンの方々に参加してもらいたいです。

▽妄想大運動会
http://mosoclbr.com/dai-undokai/

image
image
image

▽フットサルイベント(バロンiドール杯:サッカーキングより)
https://www.soccer-king.jp/ballon-i-dor

image
image
image

このほか、ディアステージでは多くのイベントが行われている。

▽妄想キャリブレーション FCイベント

image
image
image

▽DEARSTAGE SHOWCASE
http://showcase2016.dearstage.com/

image
image

▽つくる写真「展」
http://dempagumi.dearstage.com/post/152849863804

image


▼でんぱ組.incとディアステージ。それぞれの再構築に際して高瀬氏の意図すること

会場から:でんぱ組.incさんと妄想キャリブレーションさんの宣伝方法、グループのカラーの差別化方法についてお聞かせください。

高瀬:でんぱ組.incに関して言うと、よりアイドルジャンルから離れたところで宣伝できることをやっていました。逆に妄想キャリブレーションはアイドルらしい方向に進むようしたいと考えています。そういう差別化をしていて、レーベルもそれぞれ分けています。その結果、レーベルに付随する媒体も異なってきます。

▽でんぱ組.inc

image

▽妄想キャリブレーション

image

霤帖特に、でんぱ組.incさんの活動全体は今後どのようになっていくのでしょうか?

高瀬:でんぱ組.incは、一度、ライブなどに関して構築しなおそうと思っています。アイドルグループに限らずですが、10年・20年続くアーティストさんは、同じことをやるのではなく、ある程度の周期でそれぞれのグループなりの変革をし、継続していくんです。でんぱ組.incもちょうど5年が経ちまして、これまでアリーナツアーやアルバムの発売もして、このまま続けていくことを良いという方もいますが、今まで以上にファンを獲得してファンに楽しんでもらうためには、新しいものを生み出さないと飽きてきてしまうかなという危機感もあって。とはいえ基本的なコンセプトは変わりませんが、メンバーも含めて試行錯誤しながら考えている状態です。

霤帖Г任鵑兪.incさんといえば、これまでも現在も、各アイドルと各アイドルマネジメントにとって、憧れの姿です。それでも、でんぱ組.incさんですら、ここから更に再構築していくということですが、活動の年月で蓄積した課題があるということなのでしょうか?

高瀬:でんぱ組.incに限らずですが、私がアイドルマネジメントで重視しているのはストーリー性です。「どうしてその人たちがそれを始めたのか」「どういう目的をもってそのプロジェクト進めているのか」などといったことです。でんぱ組.incを担当したときに、はじめに1年、3年、そして5年計画を全部紙に出して、メンバーとスタッフで共有して、描いているビジョンや計画を、その都度、軌道修正しながらですがブレずに進めていきました。

 ディアステージの他のグループでもそれぞれ、大体、5年計画まではいつも立てているんです。けれど5年後になると、正直その先のビジョンがまだ描けていないなっていう場合もあります。でんぱ組.incはメンバーも成長していますし、関わる周辺の環境も変わってきましたし、ここから少しいろんなことを織り込みながら新しいビジョンを描こうとしているところです。

image

霤帖Г海譴ら新たな取り組みを進めることが再構築に際しての高瀬さんの意図ということなのですね。

 高瀬さんからは、ディアステージそのものをも変化させ、さらに発展させようとされている意図も感じます。例えば、他事務所に所属していたアイドルをディアステージさんに積極的に受け入れられるという取り組みもされていますが、これはどういうお考えなんでしょうか。

高瀬:新しく入ってきた子は、うちのコンセプトでぜひやってみたいという子を受け入れているんです。プロダクションの大事なところですが、前の事務所との問題がないことを確認した上ですけど。その上で、「一生懸命やりたいんだけど、どこでどうしたらいいのかわからない」、「ディアステージだったらやりたいことができるかもしれない」ということで加入してきてくれています。その気持ちの実現に向けてディアステージがサポートできる体制があったので、受け入れている状況です。

 ゼロからタレントを集めて成長させるのはなかなか難しいことです。育成システムがあるところは別ですが、ディアステージにはまだそこまでの機能がないので、デビュー後のアイドルも受け入れるスタンスです。そして、今後はアイドルマネジメントの方も含めて、目的や意識を共有できる方がいれば仲間に入れて、大型イベントなどに出るときでも大手事務所の方たちに負けないような体制をとりたいなと思っています。ディアステージは自社アイドルのコンサート制作はディアステージでやっていて、さらに他社のアーティストのイベントにも制作協力はしてきているんですが、今後はもうちょっと積極的に関係を深めたいと考えています。場合によっては、例えば、M&Aに近い形で仲間に入ってもらうような働きかけもしていきたいと思っています。

会場から:私も、今後、各事務所間の関係がさらに多様化していくのではないかなと思っています。ですので、例えばディアステージさんの「妄想運動会」に私たちが運営する各地のアイドルもお誘い頂けると幸いです。

高瀬:ひとつのグループの名前が入っていると出演しづらいという声も頂いていたので、今年はタイトルを妄想キャリブレーション主催のような形はやめようと思っています。出演グループが増えてもできる競技を考えているので、ぜひともご参加頂けると嬉しいです。

image

霤帖Ш2鵝高瀬さんのアイドルマネジメントの進め方をお聞きしたことで、各アイドルマネジメントの皆様がアイドルマネジメントについて考えるキッカケになるのではと思いました。でんぱ組.incだったらうまくいくけど、お手本になるはずだけど、自分のところだとうまくいかない、“なぜか”といったところも。

 高瀬さんはいつも2重3重に考えています。考えているだけでなく、突破する強さ、やりきる力の強さを感じました。”垂直統合”の中身もお聞きしましたが、改めてうまくいっている部分が多いなと感じました。そして、そんな簡単に達成できたものではない、というのも認識しました。店舗にしても試行錯誤して、1店舗だけでなく複数店舗を持ち、でもうまくいかなくて試行錯誤された企画もあるという苦労が感じられました。

 高瀬さんはこれからも、考えに考えてアイドルシーンを引っ張っていかれるものと思います。

高瀬:エンターテイメントの中でもアイドル分野で仕事をしていますので、アイドルの子達がアイドルとしても個人としても幸せになってほしいし、ファンの方達もエンターテイメントの良いものを受け取って気持ちが前に向いてくれたら嬉しいです。一緒に働いてくれているディアステージのスタッフと、協力してくれる関係会社のみなさんにも少しでもプラスになってくれたら良いなという想いです。そしてシーンがさらに盛り上がり、少しでも良い影響を与えることができればという想いでいますので、引き続き皆様と一緒に何かできればいいなと思います。自分も勉強していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

image

<アイドルLOUNGE>
https://lounge.dmm.com/detail/186/

きみだけLIVEで読む

    あなたにおすすめ

    チケット情報

    チケット

    BENT(ベント) 舞台のチケット

    チケット出品&リクエスト受付中

    ニュース設定