ホーム > mixiニュース > 海外 > 母の墓石に悲しいメッセージ

母の墓石に刻まれた悲しすぎるメッセージ

168

2017年02月17日 14:30  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
日々ニュースで耳にする、親からの子供への虐待という悲しいニュース。相手が親というだけで、その環境から逃げ出すこともできず、辛い思いを続ける子供たちの気持ちは、経験した人にしか知ることは出来ません。そんな過酷な生活を強いられたと思われる兄弟が、亡くなった母親に向けた暮石のメッセージが悲しすぎると、米ソーシャルサイト・redditで話題を呼んでいます。

1996年に亡くなった、モナ・ヘラルド・ヴァン二ーさんの暮石には、子供たちから次のようなメッセージが添えられています。

※※※ ※※※ ※※※

私たちの母、モナ・ヘラルド・ヴァン二ーへ

人生の全てを、周りの人々に対する敵意に費やしましたね。私たち子供たちにも、それは例外なく。57年間連れ添った自分の伴侶が亡くなって、ほんの数時間しか経っていないのに、あなたは私たちに向かって「あの人は夫としても、父としても役立たずの男だった」と切り捨てましたっけ。今はこの世を去ってしまったあなたですが、どんな人間関係においても不満しか持てなかった己の惨めさから、解き放たれていると良いのですが。

バディー、ジャッキー、マイクより

※※※ ※※※ ※※※

コメント欄に書かれた情報によると、彼らは実の父親を戦争で亡くした後、母親が再婚し、その義父からは大切に育ててもらえたそう。しかし母親からは叩かれる、蹴られる、そしてご飯時には食べるものも与えられなかったそうです。それぞれ高校生の頃に周囲の人々の協力を得て、この母親の元から逃げ出すことが出来たそうですが、その後も母親を許すことは最後まで出来なかったのでしょう。このメッセージは末っ子のマイクさんが書いたそうですが、姉のジャッキーさん曰く「弟がこれを書きたかった気持ちはわかる。想像できないほど酷い扱いを受けて育ったの」。

この暮石の写真には、同じく親から虐待を受けたという他のユーザーからも共感のコメントがたくさん寄せられていました。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20170242366.html


あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 生物学上、母にあたる人物が墓に入る日が来たとして、いかなるメッセージも寄せる気にはなれない。安堵しかないだろう。生涯傷は消えないが記憶は薄めたい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • しかしながら、最後の「解き放たれているt良いのですが」に愛を感じてしまう
    • イイネ!111
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(92件)

前日のランキングへ