ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 男子SPで宇野が2位 羽生は3位

チェンと宇野100点超え、羽生3位 フィギュア四大陸

159

2017年02月17日 20:39  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真宇野昌磨の男子SPの演技=遠藤啓生撮影
宇野昌磨の男子SPの演技=遠藤啓生撮影

 フィギュアスケートの四大陸選手権第2日は平昌五輪のプレ大会として17日、韓国の江陵アイスアリーナで男子ショートプログラム(SP)があり、日本勢は宇野昌磨(中京大)が自己最高の100・28点で2位発進した。羽生結弦(ANA)はジャンプでミスが出て97・04点で3位、田中刑事(倉敷芸術科学大)は77・55点で11位だった。17歳のネーサン・チェン(米)が103・12点の高得点を出して首位。SPで100点を超えたのは、宇野とチェンで4人となった。


 アイスダンスはフリーがあり、ショートダンス(SD)9位の村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)がフリーでも9位となり、合計140・38点で総合9位。平井絵己(えみ)、マリアン・デラアスンシオン組(大阪ク)は同121・71点で総合12位だった。バンクーバー五輪金メダルのテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー(カナダ)組が同196・95点で優勝した。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 国内に強力なライバルがいるというのは非常に素晴らしい。宇野と羽生、二人で競い合って、来年のオリンピックでは1,2位独占を狙ってほしい。
    • イイネ!5
    • コメント 1件
  • ミーシャ・ジーの美しい演技を生中継で見られたことに満足です��������
    • イイネ!49
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(71件)

チケット情報

チケット

羽生結弦のチケット

チケット出品&リクエスト受付中