ホーム > mixiニュース > 経済 > 【大阪】雨の日デートはどこ行く?雨の日におすすめデートスポット20選

【大阪】雨の日デートはどこ行く?雨の日におすすめデートスポット20選

2

2017年02月18日 03:01  じゃらんニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

じゃらんニュース

写真写真

楽しみにしていたデートの日に「雨」って、ありますよね・・・
そんな雨の日でもカップルが楽しめるオススメのデートスポットをご紹介!

商店街をのんびり巡って食べ歩きしてみたり、ショッピングモールでお互いの買い物をしたりなど、雨の日ならではのデートを楽しんで♪

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

なんばグランド花月

なんばグランド花月
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27128aj2202022914/photo/

吉本のホームグラウンドとして建設された「なんばグランド花月」。頭文字をとった「NGK」の略称で馴染み深い。吉本タレントや芸人による漫才や落語が上演されている。同劇場の目玉ともいえる「吉本新喜劇」も、連日の上演だ。

ストーリーは主に民宿や商店などで展開され、予期せぬアクシデントに登場人物たちが立ち向かうというもの。アドリブを交えた舞台では、新喜劇メンバーによる、それぞれの独自ギャグも披露される。 そして、吉本興業創業100周年を機に、2012年4月8日リニューアルオープンし、大阪の味・名産品の店舗も充実しており、お笑いを楽しむだけでなく、食べて、体験できるプランなども用意している。

\口コミ ピックアップ/
テレビで見るだけで初めての生の舞台でしたが、臨場感もあってとても面白かったです。やはりテレビでみるのとは一味違いとても良い雰囲気でした。グッズなどの販売も多く面白いものが多くありました。
(行った時期:2016年4月22日)

せっかく大阪に来たので面白いものを見ようと立ち寄りました、とても楽しい時間を過ごせました、また是非見たいと思います。
(行った時期:2015年4月)

なんばグランド花月
住所/大阪府大阪市中央区難波千日前11-6
「なんばグランド花月」の詳細はこちら

阪急うめだ本店

阪急うめだ本店
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000162953/photo/

\口コミ ピックアップ/
宝飾品からお総菜、スイーツまで何でも揃います。
毎日いろいろなイベントが行われ、どこもかしこも賑わっています。楽しかったです。
(行った時期:2016年4月)

梅田エリアの中心部にあるので、阪急電車以外のJRや地下鉄からもアクセスしやすく、お買い物などにも便利です。
(行った時期:2016年4月)

阪急うめだ本店
住所/大阪府大阪市北区角田町8-7
「阪急うめだ本店」の詳細はこちら

インスタントラーメン発明記念館

インスタントラーメン発明記念館
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27204cc3290151929/photo/

1958年に世界で初めてのインスタントラーメン=チキンラーメンが誕生したこの発祥の地・池田に、1999年にオープン。日清食品の創業者・安藤百福が「チキンラーメン」を開発した当時の小屋が再現されたり、カップヌードル型の体感シアターでは、カップヌードルの開発エピソードや製造工程が紹介されている。

また、小麦粉をこねるところからはじめる「チキンラーメンファクトリー」(有料・要予約)、好きなスープと具材を自由に選んでオリジナルのカップヌードルを作ることができる「マイカップヌードルファクトリー」(有料・予約不要)で、発明と発見の原点を体験できる。「世界の食を変えた」とまで言われるインスタントラーメンの秘密に迫ってみては。

\口コミ ピックアップ/
日清のラーメンの歴史が勉強出来ます。特にチキンラーメンの誕生のことが詳しくわかる。カップヌードルをカスタマイズして作れるのが楽しいです。
(行った時期:2012年4月24日)

やはりこちらの名物はカップヌードル作り!
カップにお絵かきをして具材を選び、自分だけのオリジナルが作れて楽しいです。
(行った時期:2016年4月)

インスタントラーメン発明記念館
住所/大阪府池田市満寿美町8-25
「インスタントラーメン発明記念館」の詳細はこちら

梅田スカイビル

梅田スカイビル
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27127aj2200023829/photo/

大阪・梅田の新都心「新梅田シティ」の中核施設であり、梅田のランドマークのひとつでもある「梅田スカイビル」。1993年に完成、地上40階建てビル2棟を上部で連結し、39階の空中レストラン、40階の展望ギャラリーに加え、屋上部分では地上170mの風に吹かれながら、大阪の街並みを一望できる「空中庭園展望台」がある。

建物内部はオフィス・店舗・ショールーム・イベントホール・映画館、さらに地下にはレトロ的な雰囲気の飲食街「滝見小路」などを備えている。ビルの敷地の南側には「中自然の森」、北側には「花野」という、四季折々の自然に触れられる散策コースがあり、多くの市民が訪れている。また、中央広場では、折々の国際色豊かなイベントなどが催され、賑わっている。

\口コミ ピックアップ/
梅田スカイビルでは、ビルをつらぬく空中エスカレーターから行く40階の屋上にある空中庭園はテンション上がります。
(行った時期:2016年4月)

梅田のシンボルです。とても高くて目立ちます。梅田に着いたらまずこのビルが見えますよ。眺めも最高です。
(行った時期:2016年4月)

梅田スカイビル
住所/大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
「梅田スカイビル」の詳細はこちら

大阪市立中央図書館

大阪市立中央図書館
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000162568/photo/

\口コミ ピックアップ/
館内はとても広く、本の種類もすごく豊富です。すごくゆったりとした時間が流れてるので、ゆっくりと本が選べていいです。
(行った時期:2016年4月)

大阪市立中央図書館は、本の品数がすごく多く、助かってます。階数によってジャンルが分かれてるのもいいですね。
(行った時期:2016年4月)

大阪市立中央図書館
住所/大阪府大阪市西区北堀江4-3-2
「大阪市立中央図書館」の詳細はこちら

海遊館

海遊館
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27107cc3320040646/photo/

太平洋を取り囲む自然環境を再現した世界最大級の水族館。飼育展示されている生き物の数は620種、30 000点にのぼる。同館で1番の人気者・ジンベエザメなどが悠々と泳ぐ巨大な水槽「太平洋」をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」など、趣向さまざまな水槽が魅力。

海遊館の建物全体で『環太平洋生命帯』を表現しているといい、見学者はいったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、10の地域に生きるさまざまな魚たちや海の表情を間近に見ることができる。2013年3月に増設した「新・体感エリア」人気。再入館手続きをすれば、当日なら何度でも入館可能。夜5時以降に入場すれば、魚たちの夜の生態も垣間見える。

\口コミ ピックアップ/
とっても広くて、お食事場所も充実していて、すぐ隣には大きな観覧車もあって、至れりつくせり、一日中遊べます。
(行った時期:2012年4月)

ふれあい広場がとてもよかった。サメとかエイに触れて貴重な体験でした。サメとエイの模様や肌触りや触れて勉強になりました。
(行った時期:2016年4月5日)

海遊館
住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
「海遊館」の詳細はこちら

三井アウトレットパーク 大阪鶴見

三井アウトレットパーク 大阪鶴見
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27124ga3552060420/photo/

レディースにメンズ、キッズ、そしてスポーツ&アウトドアなどの人気ブランド・メーカーの直営店で、商品が格安で販売されている。地上3〜5階までのファッションフロアの他、グルメ&フードコーナーもある。また、授乳室やキッズトイレも完備されており、子供連れの方も安心。週末には、様々なイベントやライブが行われており大勢の買い物客で賑わっている。アクセスには京阪・モノレール「守口市駅」と三井アウトレットパークを結ぶ無料シャトルバスがおすすめだ。

\口コミ ピックアップ/
他の大きなアウトレットも魅力的ですが、ここもお気に入りです。見たいお店の数は他のアウトレットよりも少なめなんですが、何故か居心地がよいところです。
(行った時期:2012年4月)

アウトレットのショッピングモールです。いつでもお買い得商品に出逢えます。郊外の大型なアウトレットモールと比べると規模が小さく、物足りない気がするかもしれませんが、そのぶん回りやすく、混雑しすぎていないので買い物もしやすいです。
(行った時期:2016年4月)

三井アウトレットパーク 大阪鶴見
住所/大阪府大阪市鶴見区茨田大宮2-7-70
「三井アウトレットパーク 大阪鶴見」の詳細はこちら

道頓堀

道頓堀
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27128ad2250133278/photo/

松竹座にカニ道楽、そしてグリコの看板などによって象徴される道頓堀は、大阪・ミナミの代表的な繁華街。道頓堀の名は、慶長17年(1612)に私財をなげうって川を開削した安井道頓(やすい・どうとん)の名前に由来。その後、幕府の都市計画によって道頓堀の南側に大坂中の芝居小屋が集められ、47軒の水茶屋が許可されて長らく日本の芝居の本場として栄えた。芝居に大勢の人が集まってくると、食べ物屋も自然に繁盛した。

現在、芝居小屋は戎橋近くの松竹座だけが残っているが、飲食店は道頓堀通りの北側にさまざまなジャンルの店が軒を連ね、一年中賑わいを見せている。また近年では、食と芸能のテーマパーク・道頓堀極楽商店街をはじめ、川面の遊歩道・とんぼりリバーウオークなども開業/開通し、道頓堀の新たなスポットとして人気を集めている。

\口コミ ピックアップ/
大きなグリコの看板に、おぉーこれかぁ!!とテンションが上がります。お店がたくさんあってゴチャっとしていますが、大阪らしい雰囲気が味わえます。
(行った時期:2012年4月)

道頓堀に来てこの景色を見ると、大阪に来たという実感がすごくわいてきます。毎回行くたびについ写真を撮ってしまいます。
(行った時期:2015年4月29日)

道頓堀
住所/大阪府大阪市中央区道頓堀
「道頓堀」の詳細はこちら

大阪四季劇場

大阪四季劇場
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27127aj2202028753/photo/

2004年11月に大阪西梅田「ハービスENT」内にオープンした、関西では初となる劇団四季の拠点劇場「大阪四季劇場」。間口が狭く、高さがある欧米型スタイルの導入で、海外のさまざまな劇場で作られた作品の再現が可能となった。客席は約1200席で、2階の客席も舞台のすぐ近くまでせり出し、ステージとの一体感を楽しむことができるつくりだ。

劇団四季は1953年に結成、1983年には「キャッツ」で初のロングラン公演を行って大成功を収め、いまや団員約800人を抱える日本最大の劇団に成長した。大阪四季劇場では竣工以来上演してきた「マンマ・ミーア!」は2007年2月12日に千秋楽を迎え、第2弾公演として5月3日から「オペラ座の怪人」が始まる予定。ゆくゆくは、海外作品と四季のオリジナル作品の上演を半々に、となるそうだ。

\口コミ ピックアップ/
劇団四季専用の劇場です。後ろの方の席でもきちんとステージが見えるような造りになっていました。ロビーも高級感あふれる内装で、贅沢な気持ちになりました。
(行った時期:2016年4月)

何度か劇団四季のミュージカルを見に行かせていただきました。同じ建物内にカフェなども充実しているので行きやすいと思います。
(行った時期:2012年4月)

大阪四季劇場
住所/大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 7階
「大阪四季劇場」の詳細はこちら

新世界

新世界
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27111aj2202003298/photo/

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などで有名な大阪市南部の下町。新世界の始まりは明治36年(1903)、天王寺および現在の新世界で催された第5回内国勧業博覧会に遡る。その跡地の東半分には天王寺公園がつくられ、残った西半分には中央にシンボルとして通天閣(初代)と、その南側に有料遊園地のルナパークがつくられた。これを契機に芝居小屋や映画館などが集結して発展し、新世界がかたちづくられていくことになる。

現在、ルナパークも映画館も閉館したが、通天閣の展望台には遠方からの観光客で賑わっているほか、真下にある地下の通天閣劇場では毎週月曜日、各地方で活躍する歌姫たちが演歌を熱唱し、通天閣劇場TENGEKIでは毎週土日に漫才や上方落語などで観客を楽しませている。また、土・日曜日には松竹の芸人により落語や漫才が行われている。南北130mの間に串カツ屋、どて焼き屋、囲碁将棋クラブなど約50軒の店が軒を連ねる「ジャンジャン横丁」も元気そのもの。土日・休日になると、ツアー客が大勢で訪ねて、ビリケンさんやフグ提灯の看板などをバックに記念写真撮影を楽しむ。

\口コミ ピックアップ/
串カツやや、ちょっとレトロな雰囲気の居酒屋やお店がたくさん並んでおり、歩いているだけで楽しかったです。難波や梅田とはまた全然違った大阪の雰囲気が楽しめました。
(行った時期:2016年4月10日)

大阪を観光するなら外せないスポットです。ディープな大阪探索がおもしろいと、最近は外国人観光客にも人気なようです。
(行った時期:2012年4月)

新世界
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈
「新世界」の詳細はこちら

阪堺電気軌道

阪堺電気軌道
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27120ee4572022873/photo/

大阪府下で唯一残る路面電車。「チン電」の愛称でいまも市民の足として親しまれている。通天閣のすぐそばにある恵美須町から、堺の浜寺駅前までを43分で結ぶ阪堺線と、天王寺駅前から住吉公園までを16分で結ぶ上町線の2線がある。阪堺線の前身は旧阪堺電気軌道株式会社で明治44年(1911)に開業。

一方、上町線の前身は明治33年(1900)開業の大阪馬車鉄道株式会社で、名のとおり、当初は馬車がレールの上を走っていたという。沿線には昨今の陰陽師ブームで人気を呼んでいる安倍晴明神社や摂津一ノ宮として知られる住吉大社、千利休や与謝野晶子ゆかりの地、堺刃物ミュージアム、南宗寺に大安寺などの名刹が点在している。大人600円、小児300円の全線一日フリー乗車券「てくてくきっぷ」もおすすめ。

\口コミ ピックアップ/
なんだか懐かしい感じですよね。路面電車。駅もレトロだし、車道と交錯するの見てたらノスタルジー感じるわ。でもこれ、れっきとした生活に根差した路線なんです。阪堺線。素敵です。
(行った時期:2016年4月)

天王寺に遊びに行ったときに時々利用しています。電車とはまた違った風景や乗り心地を味わえるので観光客の方にもオススメです。
(行った時期:2013年4月)

阪堺電気軌道
住所/大阪府大阪市住吉区清水丘3-14-72(本社)
「阪堺電気軌道」の詳細はこちら

大阪市立科学館

大阪市立科学館
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27127cc3290030480/photo/

\口コミ ピックアップ/
プラネタリウムがありました。
係員さんの説明が分かりやすく、帰りに星の本を買って帰るくらい星に興味を持ちました。
(行った時期:2016年4月)

プラネタリウムを見に何度か行きました。ゆったりとした空間で、幻想的なショーは時間を忘れて見入ってしまいます。
(行った時期:2016年4月)

大阪市立科学館
住所/大阪府大阪市北区中之島4-2-1
「大阪市立科学館」の詳細はこちら

りんくうタウン

りんくうタウン
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27213aj2202004672/photo/

「世界の玄関」として、多くの人が行き交う「関西国際空港」に隣接するりんくうタウン。空港の開港に伴い「住・食・学・買・遊」を併せ持つ生活創造都市として、1994年に開発された。総面積は320ha、泉佐野市、田尻町、泉南市の2市1町にまたがっている。

りんくうタウン内には、人気のホテルやレストランが入居する「りんくうタワーゲートビル」、人気のブランド品がリーズナブルなプライスで買える「りんくうプレミアム・アウトレット」、食品や衣料品、生活用品など160を越える店が入居する「りんくう泉南ショッピングセンター」のほか、散策におすすめの「りんくう公園」や、「サザンビーチ」「マーブルビーチ」などの海水浴場もある。

\口コミ ピックアップ/
何でも揃う街…
アウトレット、イオン、ホテル、大型電気店、スーパー銭湯、公園と
あらゆる施設があります。
一日では、回りきれない大きさです。
(行った時期:2015年4月)

ふらーっとドライブでこちらにきました。飛行機も見れるし、近くにショッピングできる施設もあるので十分に楽しむことができました。
(行った時期:2016年4月)

りんくうタウン
住所/大阪府泉佐野市りんくう往来北1番
「りんくうタウン」の詳細はこちら

心斎橋筋商店街

心斎橋筋商店街
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27128ga3552003891/photo/

長堀通の南側から宗右衛門町通まで、南北に約580mつづく心斎橋筋商店街。そごう心斎橋本店と大丸心斎橋店の2大百貨店も含め、服飾や飲食店など約180店が軒を連ね、平日で約6万人、日・祝日には約12万人もの買い物客が訪れる。その発展は江戸時代に遡り、当初は書籍店や古書店、小道具屋、琴三味線店、呉服屋などが主だったが、明治になってからは、舶来品を扱う小売店をはじめ、時計店、呉服屋などおしゃれな店舗が増えたようだ。

大正・昭和時代には、呉服屋もデパートに変貌し、商店街とともに洋風の店が増え、「心ブラ族」と呼ばれたショッピングを楽しむ若者たちが街を闊歩するようになって、現在に至っている。2005年には営業休止していたそごうが改装して営業を再開。また商店街あげて「ゆかた祭り」を主催したり、季節ごとの催しにも力を入れ、創業数百年の老舗から、最新の流行を取り入れた服飾店までが混在する心斎橋筋の魅力を取り戻しつつある。

\口コミ ピックアップ/
いついってもすごい人です!お店がズラーとならんでいるのでショッピングするにはいいですね。
アーケードになってるので雨の日など便利です。
(行った時期:2016年4月)

商店街なので雨の日でもゆっくりお買い物が出来ます。また様々なお店があるので、欲しい物があればすぐに買うことができる。また疲れた時に休憩出来るカフェも充実している。
(行った時期:2016年4月)

心斎橋筋商店街
住所/大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目〜2丁目
「心斎橋筋商店街」の詳細はこちら

通天閣

通天閣
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27111ad3352015941/photo/

なにわのシンボルの展望塔「通天閣」。明治45年(1912)、新世界のシンボルとして、凱旋門をモチーフとするビルディングの上にエッフェル塔風の鉄塔が建てられた。高さ64mという当時東洋一の高さを誇ったこの鉄塔は、「天に通じる高い建物」との意味で、明治初期の儒学者・藤沢南岳により「通天閣」と命名された。その後、火災に遭って解体されたが、昭和31年(1956)市民の要請を受けて再建され、現在に至る。

2代目の通天閣は103m、初代より39m高い。5階には大阪を一望できる展望台や、足の裏をなでると幸運が訪れるという神・ビリケン像などがあり、年間70万人が訪れている。通天閣の頂上の丸いネオンは、色の組み合わせで明日の天気を知らせる「光」の天気予報装置でもある(白=晴れ、橙=曇り、青=雨)。また、地階の歌謡劇場では土・日には、各地方で活躍する演歌歌手のステージも。

\口コミ ピックアップ/
大阪の新世界にあるシンボル的な建物である。新世界では様々な見どころがあり、食い倒れもとても楽しいと思う。
(行った時期:2016年4月)

大阪を象徴するタワー。中に入ることもできますが近くで眺めるだけでも大阪の雰囲気が味わえます。結構観光客の方がいました。
(行った時期:2016年4月)

通天閣
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
「通天閣」の詳細はこちら

大阪市立自然史博物館

大阪市立自然史博物館
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27121ae3292015964/photo/

長居植物園の園内の一角にあり、大阪の生いたちや、縄文・弥生時代人の自然とのかかわりなど、最近の発掘調査をもとに興味深く展示・解説されている、自然史系の専門博物館。大阪府下で出土した恐竜の骨格標本や各種の貴重なコレクションももち、規模は国立科学博物館に次ぐものだ。とくに、恐竜の骨格標本やナガスクジラの骨は迫力満点。

またドングリの生死を分けるボールコースターやスマートボールで学ぶ島へのシュミレーションなど、「生き物のくらし」をゲームや映像で楽しく学べる展示もある。館外には植物園があり、200万年前に大阪に生育していたと思われる植物や、縄文時代の平地照葉樹林帯がつくられている。また自然観察会などの野外活動も活発に行っている。

\口コミ ピックアップ/
長居公園に隣接している施設です。隣に植物園もあるので、1日遊べます。とてもきれいな施設ですので、おすすめします。
(行った時期:2016年4月)

長居公園にある博物館です。
自然史をみて感じて学ぶことができます。
年間を通してさまざまな企画展や イベントが開催されています。
(行った時期:2015年4月23日)

大阪市立自然史博物館
住所/大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
「大阪市立自然史博物館」の詳細はこちら

アメリカ村

アメリカ村
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27128ga3552016045/photo/

大阪・ミナミで最も活気があふれ、関西の若者文化をリードしてきた「アメリカ村」。地下鉄心斎橋駅の西側、長堀通りから道頓堀までの範囲に広がる一帯を指す。その中心となるのは三角公園。ここでは、芸人やミュージシャンを志す若者たちのパフォーマンスや、フリーマーケットなどが行われており、週末には20万の若者が周辺を闊歩する。付近は江戸時代、大阪湾から道頓堀を遡って炭が集められたことから「炭屋町」と呼ばれていた。

1970年代になって倉庫を改装した店舗で古着やジーンズが売られ始め、アメリカ西海岸で仕入れた中古レコードや雑貨なども販売され話題になった。「アメリカ村」という名前は百貨店で開かれた「アメリカ村夏の陣」というイベントから命名されたもの。この名にふさわしく、この街に行けば、いつでもアメリカ西海岸の文化に接することができると言われていた。現在も、ファッションだけでなく、音楽なども楽しめる場所として健在だ。

\口コミ ピックアップ/
アメカジ、ロック系などのお店が多数!飲食店もあるのでしっかり回ると1日以上いることできるかも!
露店のお店が多いので外からお店の雰囲気も見れるので楽しいですよ!
(行った時期:2016年4月18日)

曜日問わず賑やかなアメリカ村。
若者向けのお店やビンテージショップ等幅広いお店があるので楽しめます。
(行った時期:2016年4月)

アメリカ村
住所/大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目〜2丁目付近
「アメリカ村」の詳細はこちら

大阪市立美術館

大阪市立美術館
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27109cc3300033520/photo/

昭和11年(1936)、天王寺公園の一角に開館した美術館。もとは住友家の庭園つきの本邸だったが、美術館建設を目的に大阪市に寄贈された経緯がある。館内は設立当初の本館と、後に新設した地下展覧会室と合わせて、地上3階・地下2階からなり、本館陳列室では特別展覧会や常設展示を開催している。常設展示では、日本、中国の絵画・彫刻・工芸など約8000件を超える収蔵品と、社寺などから寄託された作品を随時陳列しており、なかには国宝や重要文化財に指定された作品も多い。

また地下展覧会室では、常時様々な美術団体が主催する展覧会を開催しているほか、本館地下には美術研究所もあり、素描、絵画、彫塑の実技研究を行っている。近年では、美術史ゼミナールや学芸員によるギャラリートーク、小中学生を対象にした専門家からの美術の実技指導も行っている。

\口コミ ピックアップ/
大阪市立美術館は、特別展や、収蔵品の展覧会、全関西美術展などを開催している、歴史ある大阪の美術館です。
(行った時期:2015年4月)

大阪市の大阪市立美術館に行きました。展示物をゆっくりと鑑賞することができました。珍しい美術品もあります。
(行った時期:2015年4月)

大阪市立美術館
住所/大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内
「大阪市立美術館」の詳細はこちら

大阪科学技術館

大阪科学技術館
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27106cc3290032977/photo/

靭公園(うつぼこうえん)に隣接した敷地に、日本を代表する約30の先端有力企業・団体が、自社技術に関連した最新の科学技術を展示・解説している大阪科学技術館。「てくてくテクノ館」の愛称で、私たちの身近にある生活関連の科学技術を、「新しい素材をさぐる」「楽しい暮らし」「地球をみつめる」「情報・映像」「エネルギー」という5つのコースで、模型やゲームを用いながらわかりやすく紹介している。見学するのに、館内のみの見学・見学と映像鑑賞・見学と講演・見学と実験の4つのコースから選べるが、後の3者は有料。

また、3階の「テクノくんの健康くらぶ」では、ロボットで身長・体重・瞬発力などを測定し、基礎体力はもちろん、それをもとに館内をラリーして体力年齢の測定も可能だ。

\口コミ ピックアップ/
大人になってからいってみると結構面白く感じました。いろいろイベントもしているので調べてから行くといいかもしれません。近くにある靭公園は広くて気持ちいいですし、周りにはおしゃれなカフェや飲食店が多くておすすめです。
(行った時期:2015年4月19日)

靭公園の中に昔からある科学技術館!科学の仕組みを遊びながら学ぶことが出来るんです。無料で!科学苦手な私もなるほどと楽しめました。
(行った時期:2015年4月23日)

大阪科学技術館
住所/大阪府大阪市西区靭本町1-8-4
「大阪科学技術館」の詳細はこちら

グランフロント大阪

グランフロント大阪
出展:じゃらんニュース

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179791/photo/

「グランフロント大阪」とは、JR大阪駅北地区梅田北ヤード、通称うめきたで開発が進められている先行開発区域の施設の名称です。開発事業者は、大林組、三菱地所、阪急電鉄、積水ハウス、NTT都市開発など12社。大阪のDNAを受け継ぎ、その力を大阪から日本全体へ、さらには大阪から世界へ誇れるような”まち”をつくるというコンセプトを掲げています。大きくA、B、Cの3つのブロックで構成されるこの"まち"に行うのは、これからの大阪を支えるにふさわしい都市機能の集積。そのなかで私たちが実現したいのは、個々のブロックが独立完結したものではなく、互いに魅きつけあい、影響しあい、変わり続ける力を持つようにすること。そんな強い意志をもった"まち"を作り上げています。

(Aブロック)オフィス。商業施設 "まち"の入口にあたるAブロックは、関西屈指のスケールを擁する高規格のオフィス、ライフスタイル提案型商業施設で構成します(Bブロック)ナレッジキャピタル、オフィス、商業施設、ホテル・サービスアパートメント、コンベンション。 低層部の「ナレッジキャピタル」を中心として、Aブロックと同様のオフィス、商業施設に加え、国際水準のホテル・サービスアパートメント、コンベンションを配置します。(Cブロック)分譲住宅。 アメニティあふれる緑に囲まれた、高品位な分譲マンション。これまでにない都市居住スタイルを提案します。

\口コミ ピックアップ/
大阪駅直結の商業施設です。最近出来たビルで、若者に人気です。いつもグランフロントで買い物しています。
(行った時期:2015年4月)

お店もたくさんあって見ているだけで楽しめました。珍しい商品もたくさんありました。おみやげを選ぶのにとてもおすすめです。
(行った時期:2016年4月)

グランフロント大阪
住所/大阪府大阪市北区大深町
「グランフロント大阪」の詳細はこちら

※この記事は2017年1月時点での情報です

動画・画像が表示されない場合はこちら

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • あんまり天気は関係ないですね?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)