ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > のん、アニメ「鬼平」で声優に

のん、『この世界の片隅に』Pと再タッグ!声優で時代劇に初挑戦

60

2017年03月21日 12:00  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真アフレコに臨んだのん
アフレコに臨んだのん

 丸山正雄プロデューサー(『この世界の片隅に』など)による、作家の池波正太郎の代表作である「鬼平犯科帳」(文藝春秋刊)をアニメ化したテレビアニメ「鬼平」に、女優・のんが声優として出演することが決定。丸山プロデューサー自身に「何が何でも出て欲しい」と打診され、のん自身初の時代劇に挑戦することが明かされた。


 のんは、同アニメの第12話「あきれた奴」で、火付盗賊改方・同心の小柳が捕らえた盗人・又八の女房「おたか」役で出演。2月中旬に都内で行われた公開アフレコでのんは、橋の上から子供と身投げしようとして小柳に救われるシーンを情感豊かに熱演。自身の声優初挑戦作『この世界の片隅に』で組んだ丸山プロデューサーを前に、「丸山さんが作っているものにまた呼んでいただけてうれしい」と笑顔を見せる。


 またのんは「鬼平」シリーズについてテレビドラマ版の大ファンだったといい、「もともと大好きでDVDで何度も観ていました」とのこと。主人公の鬼平も「かっこいいですよね。お声がいいなって。ぐっと気持ちを持っていかれるくらい」と絶賛。本ドラマで時代劇にも初挑戦となったが、「やったことがなかったのでずっとやりたかった。こういう題材の作品でうれしい。作品の雰囲気を壊さないよう頑張りました」としみじみ。丸山プロデューサーも「実写(の時代劇)でも見てみたい」とのんにエールを送っていた。


 さらにのんはオファーが来たときは、「男の役でもいい」と思っていたと話す。「時代劇だとどんな役が自分に合うと思うか」と問われると「鬼平……」とぽつり。「小学生、中学生くらいの年齢の鬼平だったらいけると思います。(鬼平の性格は)自分と真逆だとも思わないし、遊び心のある感じが自分と似ていると思います」とニヤリ。


 「鬼平のようなヒーローの役にすごく憧れるんです。ちょっと食えないやつみたいなキャラクターも大好き。いろんな作品を観ていてヒーローにすごく心を惹かれることが多いんです。『アイアンマン』とか、『ニック・ワイルド』とかも大好きです」と自分の理想のヒーロー像についてもうれしそうに話していた。(取材・文:名鹿祥史)


テレビアニメ「鬼平」第12話「あきれた奴」はテレビ東京ほか、Amazonプライム・ビデオにて3月27日深夜放送・配信 時代劇専門チャンネルでは4月2日夜放送 ※詳細は公式サイトにて


【関連情報】
テレビアニメ「鬼平」公式サイト
【画像】アフレコ中真剣な表情を見せたのん
のん、改名後初のCM決定は革新的!喜びのあまり叫ぶ

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 意味わかりません
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 彼女の芸名を見るたび、どーして本名を使用差し止めにするのかなぁ…とすっきりしない…もやもや…憤りが…。
    • イイネ!26
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

ニュース設定