ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 【西武】12球団最大級の屋内遊び場オープン!本拠地開幕戦から

【西武】12球団最大級の屋内遊び場オープン!本拠地開幕戦から

3

2017年03月21日 12:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ライオンズキッズパークイメージ [提供=埼玉西武ライオンズ]
ライオンズキッズパークイメージ [提供=埼玉西武ライオンズ]
 西武は21日、4月4日(火)のホーム開幕戦(対オリックス)からメットライフドーム直結の獅子ビル2階(旧カントンテーブル)に、8歳以下の子どもを対象とした屋内遊戯施設「ライオンズキッズパーク」をオープンすると発表した。

 昨季終盤、あるファンから「こどもが生まれたから、来シーズンはあまり観戦に来られないかもしれない」という声を球団女性スタッフが球場で耳にしたことがきっかけで、同施設の企画がスタート。「もっと気軽に子育て世代の方たちにも来場してもらえる球場にしたい」という思いから、親子で楽しめる室内あそび場「キドキド」で知られる株式会社ボーネルンドとともに、設計に取り掛かかったという。

 同施設は、12球団最大級広さを誇る室内に中村剛也選手と森友哉選手のストライクゾーンに向かって投げる「的当てピッチング」や、2〜3歳位の子どもを想定したフィールドをイメージしたデザインの遊び場などを設置。その他、球団のロゴやチームカラーをあしらったライオンズオリジナルのプレイハウスなども取りそろえられている。

 また、乳幼児を連れているファンも利用できるよう、、赤ちゃん休憩室(おむつ替え台、授乳室、離乳食ルーム)を完備。保護者のくつろぎの場としてドリンクバー無料のカフェエリアスペース用意されている(キッズパーク入場は有料)。

 さらに、球団マスコットの「レオ・ライナ」や公式パフォーマーの「bluelegends」が、同施設内で子どもと一緒に楽しむ「あそび場グリーティング」も実施する予定となっている。

 詳しくは球団公式ホームページまで。


【施設概要】
施設名称:ライオンズキッズパーク
営業日:メットライフドームで西武が主催する1軍公式戦開催日
場所:メットライフドーム直結 獅子ビル2F
営業時間:(平日)試合開始2時間前〜試合終了まで(もしくは試合開始4時間後まで)
     (休日)試合開始3時間前〜試合終了まで(もしくは試合開始4時間後まで)
利用対象:8歳以下の子どもとその保護者
利用料金:こども(8歳以下)500円(税込)/60分(ドリンクバー付き)
     おとな(保護者)500円(税込)/60分(ドリンクバー付き)
     ※60分交代制
     ※生後6カ月以下のこどもは無料
定員:40組程度

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • ファンサービスは大切だし、昔からのファンである自分からすると球団の考えも随分変わったなと思う。ただ、勝つために選手にも気を配って欲しい。プロ野球で最低な寮と練習施設は特に。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定