ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > インターネット > Amazon 最短4時間で生鮮品配達

アマゾン、野菜や魚や肉もお届け スーパーに対抗

90

2017年04月21日 05:19  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真アマゾンは生鮮品を自社施設で管理し、注文に応じて自社の物流網で届ける(同社提供)
アマゾンは生鮮品を自社施設で管理し、注文に応じて自社の物流網で届ける(同社提供)

 通販大手のアマゾンが21日、野菜、魚、肉など生鮮品を最短4時間で届ける「アマゾンフレッシュ」を始める。配達範囲は都内の一部で、今後拡大する。生鮮品の当日宅配は大手スーパー各社が先行しているが、アマゾンは高級食材の品ぞろえや、深夜まで配達する利便性を売りにして攻勢をかける。


 年会費が税込み3900円の「プライム会員」が対象で、月500円の利用料が追加で必要。送料は1回500円だが、税込み6千円以上買ったときは無料になる。まずは港、千代田、中央、江東、墨田、江戸川の6区で始める。


 大手スーパーは月々の利用料がかからず、送料も1回300円台が中心。料金面ではアマゾンより優位だ。一方、品ぞろえはスーパー各社が最大3万〜4万点程度なのに対し、アマゾンは以前から扱うキッチン用品など日用品と合わせて10万点以上。百貨店などでしか買えない人気ロールケーキ「堂島ロール」なども扱う。


続きはこちら

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 書籍や家電ならともかく、野菜や肉などの生鮮食品までAmazonってどうなんだろ…と言いながら数年後はこれが普通だったりしてww
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 何やってんだ、Amazonは。 自社での配達専門担当にさせるならまだしも、また宅配業者に配達させるなら、過酷は変わりないじゃないの?
    • イイネ!63
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(59件)