ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > パソコン > Win 10更新は3月と9月の年2回

「Windows 10」のメジャーアップデートは3月と9月の年2回に

33

2017年04月21日 09:54  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 米Microsoftは4月20日(現地時間)、「Windows 10」の今後のメジャーアップデートは3月と9月の年2回、定期的に実施すると発表した。次回のアップデート(コード名:Redstone 3)は9月になる。


【拡大画像や他の画像】


 MicrosoftのWindows 10のメジャーアップデート(Microsoftは「機能更新プログラム」と呼ぶ)の予定は従来、“今春”などの表現で告知されていた。最初のアップデートは2015年11月、次の「Anniversary Update」は2016年8月、3回目の「Creators Update」は4月11日だった。


 Microsoftによると、アップデートをもっと予測しやすくしてほしいというリクエストに応えたという。アップデートのタイミングが予測可能になることで、企業ユーザーは導入などの準備がしやすくなるだろう。各機能更新プログラムのリリースのサポート期間は従来通り18カ月だ。


 また、企業向けの「Office 365 ProPlus」のメジャーアップデートもWindows 10と同時の年2回になる。


あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 企業ユーザーとしてはこういう時期がわかりやすくなるのは助かるが、余計な機能を強制的に盛り込まされるのは辛い。必要な機能を無理なく選択できれば良いかな。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • もしかしたら、「年に二回は必ず不具合が発生する」って事じゃ無いのかな?(笑)
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(19件)