ホーム > mixiニュース > スポーツ > 競馬 > サトノダイヤモンド迫力ラスト11秒9/天皇賞

サトノダイヤモンド迫力ラスト11秒9/天皇賞

1

2017年04月21日 11:40  日刊スポーツ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真抜群の反応を見せ、併走馬を置き去りにするサトノダイヤモンド(右)
抜群の反応を見せ、併走馬を置き去りにするサトノダイヤモンド(右)

<天皇賞・春:1週前追い切り>


 現役最強襲名へ、待ったなし! 天皇賞・春(G1、芝3200メートル、30日=京都)の1週前追い切りが20日、東西トレセンで行われ、昨年の最優秀3歳牡馬サトノダイヤモンド(牡4、池江)は栗東Cウッドで6ハロン82秒7−11秒9と迫力の走りを披露した。有馬記念で首差下したキタサンブラック(牡5、清水久)返り討ちへ、展望は明るい。


 アクセルを踏むのを待っていたように、サトノダイヤモンドは加速した。なめらか、かつパワフル。追うほどに脚を前へと突き出し、6ハロン82秒7−11秒9でプロフェット(古馬オープン)を2馬身、ダノンシーザー(古馬1000万)を3馬身置き去りにした。


 池江師は「先週より、より良くなっている。反応も、息の入りも、馬体も。トータルで上積みがある」と何度もうなずいた。厩舎スタッフとともにスタンドで見届けたルメール騎手も「いい感じみたい」と口角を上げる。


 馬体に、やわらかなふくらみがある。「成長、あるね。背腰が甘いところに芯が入ってきた」と師。今年初戦の阪神大賞典は、並ぶ間なく後続をちぎった。「休み明けは、もっと動けない馬なんだけど」。いよいよ、これ以上望むものがなくなってきた。


 有馬記念で首差の死闘を演じたキタサンブラックと、再び相まみえる。秋の凱旋門賞挑戦を見据え、日本最強馬の座をかけた一戦だ。舞台は3戦3勝のホームグラウンド、京都。「スムーズに加速できるのは、あの坂があるから。2周目の下りはプラスになる」。昨年の年度代表馬を返り討ちか。【柏山自夢】

    あなたにおすすめ

    チケット情報

    チケット

    DIA(ダイヤ)のチケット

    チケット出品&リクエスト受付中