ホーム > mixiニュース > 国内 > 【十段戦】井山が十段防衛、六冠堅持

【十段戦】井山が十段防衛、六冠堅持

2

2017年04月21日 18:17  産経新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

産経新聞

写真初手を打つ余正麒七段(右)=21日午前、大阪市北区の日本棋院関西総本部
初手を打つ余正麒七段(右)=21日午前、大阪市北区の日本棋院関西総本部

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第55期十段戦五番勝負」の第4局が21日午前10時から大阪市北区の日本棋院関西総本部で行われ、井山裕太十段(27)=六冠=が挑戦者の余正麒(よ・せいき)七段(21)に白番中押し勝ちし、3勝1敗で防衛を決めた。十段の獲得は2年連続4度目。


 井山十段は昨年の十段戦で勝利し、囲碁界初の七大タイトル独占を達成した。その後、名人を失ったものの、他のタイトルをすべて防衛し、六冠を堅持。今シリーズの十段戦でも、伸び盛りの若手の挑戦をはねのけ、第一人者の貫禄を見せつけた。タイトル獲得は通算43期となった。


あなたにおすすめ