ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > ガンバ下部組織出身、期待のホープがJ1初ゴール

ガンバ下部組織出身、期待のホープがJ1初ゴール

2

2017年04月21日 21:42  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真後半32分、ゴールを決めるガ大阪の堂安(38)=内田光撮影
後半32分、ゴールを決めるガ大阪の堂安(38)=内田光撮影

(21日、ガ大阪6―0大宮)


 ガ大阪の若きホープがJ1初ゴールを決めた。18歳の堂安だ。


 3―0とリードしていた後半17分。敵陣ペナルティーエリア手前から得意の左足を振り抜いた。地をはうようなシュートがゴール右に決まった。さらに、同32分には相手守備をドリブルでかわし、ペナルティーエリア外から再び左足で決めた。堂安は「結果で示せて良かった。ホッとした」。


 ガ大阪の下部組織育ちの堂安は2015年6月、16歳でクラブ史上最年少J1デビュー。それから約2年弱。周囲の期待とは裏腹になかなか得点できなかったが、「切れたらおわり。やり続けるしかない」と前を見続けてきた。アデミウソンらをけがで欠いた苦しいチームに公式戦4試合ぶりの白星をもたらした。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 大宮はもうジ・エンドのニオイがするなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • りっちゃんはうさみんみたいにやっぱ前の選手だ。今ちゃんが戻ってくるまでは4バック継続で最前線で使ってくだされexclamation
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)