ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > エンタープライズ > 5分で分かる、“提案の説得力を高める”コツ

5分で分かる、“提案の説得力を高める”コツ

0

2017年05月18日 15:25  ITmediaエンタープライズ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmediaエンタープライズ

写真画像:ITmedia
画像:ITmedia

 「クラウドコンピューティングを知らない人は手を挙げてください」


【拡大画像や他の画像】


 講義の折にこんな質問をすると、手を挙げる人は誰もいません。それほど、この言葉は私たちの日常に溶け込んでいます。


 ところが、「クラウドコンピューティングとは何かを説明してください」と指名すると、うまく説明できる人はごくわずかです。ましてや「クラウドによって、これまでできなかった何ができるようになるのか」を説明できる人は、さらに限られてしまいます。


 「言葉」を知っていることと、その“意味や価値を知っている”こととは大違いです。意味や価値が分からなければ、それを生かすアイデアは生まれません。


 “うまく説明できる”となると、ハードルはもっと上がります。それができなければ、あなたの提案や企画に説得力を持たせることはできません。


 「知っている」とは、どういうことなのでしょうか。5つのレベルに整理してみました。


レベル0:はじめて聞いた


 はじめて耳にした言葉で、意味は分からないし、想像すらできない。あるいは、なんとなく「あの辺のことをいっている」らしいことは分かるが、本当にそうなのか、確信は持てない。


レベル1:言葉を知っている


 言葉のつづりや発音、どんなジャンルの用語なのかは知っている。あるいは、どんな文脈で使われるかも想像できる。


レベル2:意味を知っている


 仕組みや構成、構造について、論理的に把握している。何に使うのか、誰が使うのか、どのように使うのかを把握している。


レベル3:価値を知っている


 これまでできなかった何ができるようになるのか、あるいは、どれほどの効果を生み、ビジネスや社会に影響を及ぼすのかを、合理的かつ客観的に把握している。


レベル4:説明できる


 「相手が理解できる」ように分かりやすく、上記レベル1〜3について説明できる。


 「『知っている』との言葉を使うからには、その言葉に責任を持ってください。自分がどのレベルで知っているのかを自覚して使ってください。仕事で言葉を発すればその責任が求められるのです。安易に『知っている』などと使わないことです」


 新入社員研修では、こんな話をすることがあります。彼らにはそんな言葉がスッと染み込んでいくようです。そんな初心を私たちも忘れないようにしたいものです。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・テクノロジー

    前日のランキングへ

    ニュース設定