ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > IT総合 > 人工知能がつくった広告を公開

「セクシーが待っている。」???―人工知能がつくった広告、電通が公開

86

2017年05月19日 13:03  インターネットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

インターネットコム

写真セクシーが待っている。
セクシーが待っている。
「新聞広告のセクシーが待っている。」これは人工知能(AI)技術を応用して作成した広告だそう。電通があらためて公開している。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

電通では、AI技術を応用してキャッチコピーを生成するシステム「AICO(アイコ)」のベータ版(試験版)を開発している。静岡大学情報学部で、自然言語処理を専門にする狩野研究室と協力した。

アイコを使えば、時間や場所、状況に応じてリアルタイムにキャッチコピーを変化させることができ、インターネット広告でも、屋外・交通広告でも、それらを目にする個々人に合わせた内容を表示できるという。

電通では2016年にすでに人工知能が書いたキャッチコピーによる新聞広告を出しており、その際は広告制作の実務にたずさわる人間のコピーライターがAI技術を生かした機械学習を支援し、より人間に近い文章の生成をできるよう図った。

今後はより具体的な効果が期待できるような広告づくりを実用化したいとしている。また人工知能と人間のクリエイターの協業による、新たな広告手法も研究、開発を進めるとしている。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • そして、オムニ社と電通が24時間仕事をし続ける『ロボ電通マン』を開発…、
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • なにこの「セクシーこーまん道部」感は〜!?��������
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(55件)

ニュース設定