ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > デスパイネ「珍」走塁でアウト

「珍」走塁でアウト 走者デスパイネ、三塁コーチと接触

37

2017年05月19日 20:22  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真ソフトバンクのデスパイネ
ソフトバンクのデスパイネ

(19日、ソフトバンク2―1西武)


 ソフトバンクの攻撃で珍しいプレーが起きた。四回2死二塁。中村晃の右前安打で二塁走者のデスパイネが三塁ベースをオーバーラン。帰塁しようとした際にデスパイネの手が三塁コーチの村松・外野守備走塁コーチの体に触れ、審判団はアウトを宣告。意外な形で攻守交代となった。


 審判団は、場内マイクで「デスパイネ選手と村松コーチが接触したので、規則を適用し、スリーアウトチェンジとします」と説明した。公認野球規則には、反則行為が適用されるケースとして「三塁または一塁のベースコーチが、走者に触れるか、または支えるかして、走者の三塁または一塁への帰塁、あるいはそれらの離塁を、肉体的に援助したと審判員が認めた場合」と定められており、これが適用されたとみられる。


 工藤監督は審判団に詰めより、6分近く抗議したが、退けられた。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • レオ党からひと言。これからもドンドンやってねwww
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • このルールを根拠に、ホームラン打ってもハイタッチするなと指導された少年野球時代(・ω・`)
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

チケット情報

チケット

KOHH(コー)のチケット

325枚のチケット出品 :  ¥5000

ニュース設定