ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > インターネット > AR/MRの技術を結集!HoloLensを利用したScopisの新システムは外科手術で活躍

AR/MRの技術を結集!HoloLensを利用したScopisの新システムは外科手術で活躍

0

2017年05月19日 21:03  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
ポケモンGoが世の中を席巻し、AR元年とも言われた昨年。しかし、AR(拡張現実)やMR(複合現実)技術の飛躍的な進歩は、エンターテイメント分野だけに限った話ではない。

・Scopisによる「ホログラフィック・ナビゲーション・プラットフォーム」
さまざまな分野でその可能性が見込まれているAR/MRだが、中でも最も期待されている分野の一つが、医療への応用だ。

医療用AR/MR機器の開発を手掛ける企業Scopisがこのたび発表した「ホログラフィック・ナビゲーション・プラットフォーム(Holographic Navigation Platform)」が関心を集めている。このシステムは、マイクロソフトが提供するAR用のウェアラブルデバイス「HoloLens」を利用する。

外科医は手術中にHoloLensを着用することでこのプラットフォームとワイヤレスにつながる。HoloLensの3Dトラッキング機能により、脊髄手術において、脊髄中に埋め込むべき「椎弓根スクリュー」の位置がMR上に正確に投影されることで、より精度の高い手術が迅速に行えるという。

・他医療分野への応用も!
他にもメリットはある。手術そのものの精度が向上するだけでなく、医者と患者双方にとって、放射線被ばく量を減らすという効果もある。

現在、脊髄へのスクリュー設置位置の決定にあたってはX線透視法が用いられているが、本システムを利用することでその必要がなくなるためだ。

「Scopisのホログラフィック・ナビゲーション・プラットフォームは、普遍的なソリューションの一つであり、脊髄手術に強力なアドバンテージを与えるとともに、最高度の正確さとスピードが求められる他の医療分野にも展開可能だ。神経外科分野では、例えば他にも脳腫瘍手術への応用が考えられる」同社CEO兼創業者Bartosz Kosmeckiは語る。

人命がかかる医療現場では今後さらなる検証が必要であるものの、AR/MRの実用面での応用可能性は無限に広がっていると言えよう。

Scopis Introduces the First Mixed-Reality Surgical Holographic Navigation Platform Integrating Microsoft HoloLens for Open and Minimally-Invasive Spine Surgery

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・テクノロジー

    前日のランキングへ

    ニュース設定