ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜【AKB48 チーム8ライブレポート】

アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜【AKB48 チーム8ライブレポート】

1

2017年07月16日 20:13  ガジェット通信

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ガジェット通信

写真写真
AKB48 チーム8が7月8日(土)〜7月9日(日)横浜赤レンガパークにて開催された「アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜」に出演しました。7月9日(日)横丁1番地に出演された際のライブレポートを届けます。
2014年に結成され、47都道府県から1人ずつ選ばれた47人で構成されています。メンバーから全国のファンに会いに行く“会いに行くアイドル”がコンセプトになっています。この日は選抜された16人が出演しました。

まずは横浜赤レンガ倉庫が神奈川県というのもあり、神奈川県出身の小田えれながソロで「ギンガムチェック」を披露。堂々としたパフォーマンスで会場を魅了させていきます。



ステージに16人全員が登場するとAKB48の最新曲「願いごとの持ち腐れ」を届けます。メロディー、振り付けと特徴のある楽曲であり、1度聞くと耳に残りやすいのが印象的です。


爽やか溢れる「星空を君に」でアイドルらしさをここぞとばかりに見せてくれます。メンバーの弾けるような笑顔は思わず脳裏に焼き付くほどでした。


ポンポンを持って届けるのは「夢へのルート」。前向きな歌詞には思わず背中を押される1曲となっており、まるでメンバーに応援されているような気持ちになることができます。間奏では山田菜々美のソロパフォーマンスもありました。


「制服の羽根」はスカートの裾を持つキュートな振り付けに思わず目を奪われます。間奏ではメンバーが円になったり横1列になったりと、きれいな並びを見せてくれました。


「思春期のアドレナリン」ではどこか大人っぽいメロディーと歌詞となっています。みんなで盛り上がれる場面があるため、会場の熱気は急上昇。


AKB48の代表曲でもある「大声ダイヤモンド」で会場のテンションをさらに上げていきます。MIXやメンバーコールも飛び交い、横丁1番地には推しジャンをするファンがあちこちに見られました。終盤にある“好き”の場面は思わず声を出したくなってしまうところです。


最後を締めくくるのはチーム8の代表曲でもある「47の素敵な街へ」です。“会いに行くアイドル”がコンセプトのチーム8ならではの1曲となっています。メンバーが1人ずつ自分の出身地を言う場面があるため、気になったメンバーがどこの都道府県の出身かわかるようになっているのもこの曲ならでは。
7月9日(日)AKB48 チーム8横丁1番地セットリスト
1.ギンガムチェック
2.願いごとの持ち腐れ
3.星空を君に
4.夢へのルート
5.制服の羽根
6.思春期のアドレナリン
7.大声ダイヤモンド
8.47の素敵な街へ
記事・撮影/瀧澤 唯
―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 瀧澤 唯) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェット通信

ガジェット通信
ガジェット通信 最新の注目記事
ガジェット通信で読む

    あなたにおすすめ

    チケット情報

    チケット

    AKB48のチケット

    1234枚のチケット出品 :  ¥1000

    ニュース設定