ホーム > mixiニュース > コラム > ハイヒールは、仕事のための戦闘服?

ハイヒールは、仕事のための戦闘服?

4

2017年08月08日 10:33  MAMApicks

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MAMApicks

写真写真
以前、妊娠してからめっきり縁遠くなり、その後返ってきたアイテムについて書いた。

おかえり、コンディショナー ――妊娠・出産を機会に削ぎ落としたもの
http://mamapicks.jp/archives/52216788.html

そして今に至り、依然縁遠かったり、もう一生関わらないんじゃないかと思われるものがある。代表的なところで、ハイヒール、ワイヤー入りブラジャー、タイトスカートあたりだ。どれも女性っぽさを強調し、象徴するアイテムだ。

しかし、それらにもう一度目を向けてみようかなと思ったきっかけが、数ヵ月前の某意識高い系ママ雑誌の、とあるページである。

キャリアを積むママが、会社で着る服のポイントを説明しているもので、
「仕事着で、最も大切なのはママに見えないこと」
「ハイヒール靴は、会社に3足常備しています」
とある。

■女性性の象徴アイテムは、まだ必要なのか
大企業でバリバリ働くお母さんたちは、お母さんに見えてはならず、キャリアウーマン然とした格好、つまりコスプレをしないといけないのか!? ……と三度見して愕然としたものだが、彼女たちの気持ちも分からないではない。


子育て中は、いつ走り出すか分からない我が子に追い付くため、そして赤子をはじめ重たいものを持ち歩くため、足元はフラットに歩きやすく、がお約束である。

世間もそれを認知しているから、「フラットではない靴の女性=子育て中の女性っぽくない」図式が成り立つ。それを発展させると、「ハイヒール靴を履いている今は、子どもにかまっていません」という雰囲気を醸し出せるだろう。

つまり、ヒール靴で仕事をしていると、「今、自分の力はすべてこの仕事に注ぎます!」というコミット感を外部に演出できるのではないだろうか。

また単純に、女性性の象徴ともいえるハイヒールを履くことで、母である自分より女である自分を強調、独身時代のアノ感覚を味わえるのかもしれない。

独身時代のアノ感覚……自分が最優先で、金も時間も自分に使うことが当たり前だった青春時代。(今より良かったとは、単純に言えないけれど。)

■自分を取り戻せるのかやってみた
自由系働くお母さんの私も、ハイヒールの靴を履いたら、バーンと女性性が増したり、懐かしい感覚を味わえるかもしれない。好奇心が先立ち、下駄箱を漁った。辞書によるとハイヒールというのは、ヒールが7センチ以上あるもののようなので、とっても高いやつ、それを発見。

久しぶりに足を入れ、玄関で凍った。こんなものだっただろうか? 歩くというか、立つのも危うい。もはや足に負担でしかない。もったいない根性で、ごみ箱に投げ込むのをグッとこらえたが、これは私の日常にはイラナイものだと即断した。

どうにかして妊娠前にはフツウに使っていたアイテムを味わいたく、次はワイヤー入りブラを試してみた。寄せて上げて固定するという、これまた女性性を強調するツールである。

着けるまでになんと30秒くらいかかった。身体がやり方を忘れていたのである。なんとか肉を入れ込んだものの、なにこの締め付け。吐きそう。

でもハイヒールよりはマシと、ためしにこの状態で仕事をしてみたら、はかどるはかどる。締め付けは緊張感となって、集中力を高めたらしい。

余談だが、あれはたしか10年くらい前、男性が仕事に集中するためにブラをつけているとい話題があった。当時は引いたが、今ならすごくよく分かる。仕事がはかどる!この爽快感のためなら、喜んでネットで買うだろう。

■緊張感を作り出す女性性アイテム
ここまで試してハタと思った。
現在の女性性を強調するツールはそもそも、身体に一定の無理や負担を強いるものである。自然の摂理や重量に抗うことでつくられる、人工的な美が良しとされ、それがここ100年のトレンドだ。

よって、その心地悪さは緊張感となり、例えば仕事など集中力を要するものにコミットするのではないだろうか。

実は今、この原稿を「伸びる生地のタイトスカート」を履いて書いている。
伸びるので、歩行や着席動作に支障はないのだが、ボディラインがくっきり出る。

横から見ると、幼児のような丸く愛らしい下腹がイヤでも目に入り、鏡を見るたび、フッと下腹に力がこもるから不思議だ。この場に誰もいないのに、である。

そしてまた、下腹を引っ込める力の続く限り、キーボードは進む。

女性性を強調すると思っていたアイテムは、もはや異性ウケを狙ったり、同性にセクシーさをマウントするものではなく、仕事のパワーアップツールとして利用の価値がありそうだ。

世間的には、「キレイにしていて偉いわねぇ(たまにイヤミを含む)」などと言われるだろうから、なかなか捨てたもんじゃない。

斎藤貴美子
コピーライター。得意分野は美容・ファッション。日本酒にハマり、Instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoで日本酒の新しい切り口とコピーを思案中(日本語&つたない英語)。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • ヒールで立つのも危ういとかさ?それだけ筋力が衰えてるってことよ?まあ子育てには必要ない筋肉だろうけど、真っ直ぐ立てないから下腹が出てる(楽な姿勢)と認識した方がいい。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 身体に悪い靴を、それだけのために履くなら、止めておけと思う。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定