ホーム > mixiニュース > 海外 > 世界最高齢男性イスラエル・クリスタルさん113歳で死亡 アウシュヴィッツも経験

世界最高齢男性イスラエル・クリスタルさん113歳で死亡 アウシュヴィッツも経験

0

2017年08月12日 10:43  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真世界最高齢のイスラエル人男性113歳にて死亡(画像は『Haaretz 2017年8月11日付「World's Oldest Man, Auschwitz Survivor Yisrael Kristal, Dies at 113」(Credit:Yaron Kaminsky)』のスクリーンショット)
世界最高齢のイスラエル人男性113歳にて死亡(画像は『Haaretz 2017年8月11日付「World's Oldest Man, Auschwitz Survivor Yisrael Kristal, Dies at 113」(Credit:Yaron Kaminsky)』のスクリーンショット)
世界最高齢の男性として、昨年には『ギネス世界記録』にも認定されていたイスラエル人の男性。アウシュヴィッツ強制収容所を生き延びるなど非常に貴重な体験をしてきた男性が、多くの人々に惜しまれながらこの世を去った。113歳であった。

男性は1950年からイスラエル北部の町ハイファに暮らしていたイスラエル・クリスタル(Yisrael Kristal)さん。このほど113歳で他界したが、1903年9月15日生まれのためあと1か月もすれば114歳の誕生日を迎えていたはずである。クリスタルさんはポーランドのジャルヌフで生まれ、ウッチでキャンディ工場を営むも1943年には(1944年とするメディアも)ナチス・ドイツによる「ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)」で有名なアウシュヴィッツ強制収容所へ。しかしそこを生き延びていた。

ホロコーストにより妻と2人の子を失っていたクリスタルさん。イスラエルのメディア『Haaretz』が行った数年前のインタビューで、彼は「そこで起きていたことについて本を執筆したら1日につき2冊は書けると思う」と説明し、アウシュヴィッツ時代のことはあまり語ろうとしなかった。健康長寿の秘訣は「よくわからない。人それぞれの運命だと思う」とのこと。自分が長く生きている分、愛する家族、親族、友人、知人が戦争、病気、事故などで次々と亡くなっていく悲しみと絶望感を多々味わうことになり、そのたびに「無念にもこの世を去った者に代わって自分にできることはないか」と自問する、そんな人生であったという。

それでも1950年には2人目の妻を迎え、その後はずっとハイファに暮らしながら再びキャンディ工場の経営にあたってきた。子供は現在2人おり、孫、ひ孫にも恵まれたという。なお『ギネス世界記録』に最高齢の男性として認められたのは昨年のこと。出生後20年以内に発行された公式文書の存在が必要という厳しい条件のせいであった。1928年に発行された結婚証明書やアウシュヴィッツの収容者リスト、ウッチに暮らしていた1918年当時の住民リストが使われたという。

「2度の世界大戦に巻き込まれた私ですが、今日のこの世の中は昔より悪い方向に向かっていると感じます」と語っていたクリスタルさん。「何でもコンピュータで解決し、手作業も労力もない今の世の中。この“甘やかし”の風潮はよくありません。昔の若者たちは欲しいものを手に入れるのにもっと苦労をし、礼儀をわきまえ生意気な態度など見せませんでしたから」と批判し、こうした世の中に明るい将来は見いだせないと警鐘を鳴らしていた。

世界最高齢者についての話題はたくさんあるが、おめでたい結婚話も興味深い。2015年6月には英イースト・サセックス州でジョージ・カービーさんとドリーン・ラッキーさんの超高齢カップルが結婚式を挙げていた。当時ジョージさんは103歳でドリーンさんは91歳。2人合わせて194歳であることに『ギネス世界記録』の職員も感銘を受けたもよう。“世界最高齢の結婚”として認定し、彼らを祝福していた。

画像は『Haaretz 2017年8月11日付「World's Oldest Man, Auschwitz Survivor Yisrael Kristal, Dies at 113」(Credit:Yaron Kaminsky)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定