ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > <夏の高校野球>「上のステージで戻りたい」北海・佐藤

<夏の高校野球>「上のステージで戻りたい」北海・佐藤

0

2017年08月12日 21:00  毎日新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

毎日新聞

写真【北海−神戸国際大付】七回裏のピンチで北海2番手の多間(右)とスコアボードを見上げる佐藤=阪神甲子園球場で2017年8月12日、藤井達也撮影
【北海−神戸国際大付】七回裏のピンチで北海2番手の多間(右)とスコアボードを見上げる佐藤=阪神甲子園球場で2017年8月12日、藤井達也撮影

 〇神戸国際大付(兵庫)5−4北海(南北海道)●(12日・甲子園、2回戦)


 ◇北海・佐藤大雅捕手(3年)


 1年前に手にしかけた頂点を目指す戦いは、わずか1試合で幕を閉じた。「終わった気がしないけど、勝つか負けるかは結果論。やってきたことに悔いはない」と繰り返した。


 二回に先取点につながる右前打。七回には1点を勝ち越し、なお1死一、三塁の場面で、遊ゴロでチームに4点目をもたらした。だが、その裏の守りで3ランを許して逆転負け。チェンジアップで勝負するために一球外そうとした直球を痛打され「少し中に入ってしまったけど、打者が一枚上だった」と潔かった。


 昨年も4番・捕手として準優勝に貢献したが、主将になって臨んだ秋は札幌地区大会初戦で敗退。「自分たちは強いんだという過信があった」。挑戦者としての意識をチームに浸透させ直し、再びたどり着いた甲子園の印象を問われると「夢みたいな場所。上のステージで戻って来られれば」。大学で力をつけてプロを目指す夢を明かし、最後まで涙は見せなかった。【野村和史】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定