ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 松山英樹 1打差2位で最終日へ

松山英樹6アンダー2位、首位に1打差で最終日へ

46

2017年08月13日 09:01  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真全米プロ選手権3日目、14番でティーショットを放つ松山(撮影・菅敏)
全米プロ選手権3日目、14番でティーショットを放つ松山(撮影・菅敏)

<米男子ゴルフ:全米プロ選手権>◇第3日◇12日◇米ノースカロライナ州シャーロット・クウェイルホローC(7600ヤード、パー71)◇賞金総額◇賞金総額1050万ドル(約11億6000万円)優勝189万ドル(約2億800万円)


 日没サスペンデッドにより持ち越された第2ラウンド終了後に第3ラウンドが行われ、前日通算8アンダーの首位で予選を終えていた松山英樹(25=LEXUS)は1バーディー、3ボギーの73でスコアを落としたが、通算6アンダーの207でトップと1打差の2位につけた。


 日本男子初のメジャー制覇がかかる最終日は、通算5アンダーで4位につけるジャスティン・トーマス(米国)と2サムで最終組の1つ前を回る。ティーオフは午後2時35分(日本時間14日午前3時35分)を予定している。


 ケビン・キズナー(米国)が通算7アンダーで単独首位となり、メジャー初優勝に王手をかけた。松山と同じ2位にはクリス・ストラウド(米国)。4位にはトーマスとルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)が並び、通算3アンダーの6位でグレーソン・マリー(米国)が続いた。


 リッキー・ファウラー(米国)は通算1アンダーの12位、2年前の全米プロ覇者ジェーソン・デー(オーストラリア)は通算イーブンパーの16位にそれぞれ後退。史上最年少での生涯グランドスラムがかかるジョーダン・スピース(米国)は71と伸ばせず、通算3オーバーの37位に停滞。世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)、全米プロ2勝のロリー・マキロイ(英国)は通算4オーバーの47位だった。


 小平智は67をマークし、通算1オーバーの18位に浮上。谷原秀人は通算7オーバーの64位だった。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • トップと2打差かぁーーーでも日本人が優勝争いできる地位に日本人がいてくれる日が来るとは思わなかった。数年前まで予選通過したとニュースになっていたくらいだから。  日本人がメジャータイトルを取るという夢を松山くんなら叶えてくれる
    • イイネ!8
    • コメント 1件
  • この種の日本人としての快挙に、初めて、早い段階から落ち着いて観られる事を願っています(´-ω-`)
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

チケット情報

チケット

Ricky(リッキー)のチケット

チケット出品&リクエスト受付中

ニュース設定