ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 天理など16強、13日高校野球

天理、二松学舎大付など16強 13日高校野球

15

2017年08月13日 17:41  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真大垣日大に勝利し、笑顔で応援席に向かって駆けだす天理ナイン(撮影・前田充)
大垣日大に勝利し、笑顔で応援席に向かって駆けだす天理ナイン(撮影・前田充)

<全国高校野球選手権>◇13日◇2回戦4試合


 第99回全国高校野球選手権大会は13日、第6日の2回戦4試合が行われ、天理(奈良)、三本松(香川)、二松学舎大付(東東京)、明豊(大分)が3回戦に進出した。


 第1試合は天理が4番・神野の2打席連続本塁打などで快勝。プロ野球阪神などでプレーした中村良二監督は、就任2年目で母校を率い甲子園に戻っての初采配で初勝利を挙げた。大垣日大(岐阜)は初回から8回まで天理を上回る8安打を放ち、毎回走者を出すが、天理の先発2年生左腕・坂根からあと1本が奪えなかった。


 第2試合では24年ぶり3回目出場の三本松(香川)が、春も含め4回目の甲子園で初勝利。2回に渡辺が本塁打を放つなど、序盤、中盤、終盤に効果的に得点した。下関国際(山口)は創部52年目で春夏通じて初の甲子園だったが、初戦突破はならなかった。


 第3試合は3年ぶり出場の二松学舎大付(東東京)が19安打14得点の猛攻で、前回に続き、初戦突破。明桜(秋田)は6回に3連打で1点、9回にも松本のソロ本塁打で1点を返すが、反撃が遅かった。


 第4試合では2年ぶり6度目出場の明豊(大分)がチームとしても、県勢としても6年ぶりとなる勝利。3番の2年生・浜田の決勝2ランを含む4打点などで快勝し、初出場の坂井(福井)を破った。


【第7日=14日】


▽2回戦


第1試合( 8:00) 京都成章(京都)−神村学園(鹿児島)


第2試合(10:30) 高岡商(富山)−東海大菅生(西東京)


第3試合(13:00) 青森山田(青森)−彦根東(滋賀)


第4試合(15:30) 済美(愛媛)−津田学園(三重)

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 今日は済美の試合か。しかし、最近ずっと名前聞かないけど松商(NOT松商学園)とか宇和島東はどうしたんだろ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「一試合でも長く勝ち残って大阪にいたい」 http://jin115.com/archives/52187550.html 「松商学園、素晴らしい応援です」とのアナウンサーの発言の直後、 頭に「松」「商」と刈り込んだ二人が映って、何も言わずにカメラが戻ったのを覚えている。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

チケット情報

チケット

高校野球(夏の甲子園)のチケット

3214枚のチケット出品 :  ¥1000

ニュース設定