ホーム > mixiニュース > 海外 > 触られ続け赤ちゃんイルカ死ぬ

母親とはぐれたイルカの赤ちゃん死ぬ 海水浴客に触られ続けて(スペイン)

635

2017年08月17日 16:13  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真絶命したイルカの赤ちゃん(画像は『Metro 2017年8月16日付「People take selfies with dying dolphin rather than put it back in the sea」(Picture: Solar Pix)』のスクリーンショット)
絶命したイルカの赤ちゃん(画像は『Metro 2017年8月16日付「People take selfies with dying dolphin rather than put it back in the sea」(Picture: Solar Pix)』のスクリーンショット)
アルゼンチンの海岸で昨年、イルカの赤ちゃんが自撮りをしたがる人間に囲まれストレスや脱水症のために死亡したというニュースが世界中で物議を醸した。後にそのイルカは捕獲前に死んでいた可能性が高いと報じられたが、このたびスペインの海岸で明らかに人間のエゴにより命を落としてしまったイルカの赤ちゃんの悲劇を『Metro』などが伝えた。

8月11日、スペインのアルメリアにあるリゾート地として知られるモハカルビーチで、1頭のメスの赤ちゃんイルカが打ち上げられた。そのイルカは母親とはぐれたようで、浅瀬でもがいていたところを海水浴客に発見された。

ところがイルカのもとへ集まった多くの海水浴客は、興味本位で次々と触ったり自撮りをしていたという。この地域の海洋自然保護活動団体「Equinac」のスタッフが駆け付けた時には、イルカはすでに息絶えていた。

スタッフは「Equinac」のFacebookアカウントに怒りを露わにし、このように批判した。

「人間というのは、最も理性のない動物です。多くの人が、母イルカとはぐれて空腹で怯える子供のイルカに何の思いやりも見せず自撮りしたり触ったりしたことで、イルカは命を落としました。鯨類はとてもストレスの影響を受けやすい生き物なのです。こうした人間の身勝手な行為によってショック状態に陥り、心臓が止まってしまうこともあるのです。今回の悲劇は、まさにそうした原因によって起こってしまいました。浅瀬に打ち上げられた海洋動物は、たいていが具合が悪かったり母親とはぐれてしまったというケースです。そうなると生存し続けることは困難になります。発見者は直ちに緊急通報すべきでした。仮に命を救うことができなくても、少なくともその努力はできたはずです。」

投稿された写真の中には、子供がこのイルカの噴水孔を覆うように触れているものもある。意図的にしたことではないとはいえ、結果としてそうした人間のエゴがイルカにストレスを与え、命を奪ってしまったことは事実だ。

このニュースを知った人々からは「こんな美しい生き物を人間のエゴで亡くしてしまうとは悲し過ぎる」「なんでも自撮りしてSNSに投稿しなきゃ気が済まない人間は愚か者だ」「虐待にほかならない。身勝手過ぎる」といった怒りの声が多数あがっている。

画像は『Metro 2017年8月16日付「People take selfies with dying dolphin rather than put it back in the sea」(Picture: Solar Pix)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 団体名が読めまてん(爆)救命方法も書いてまてん。そこも知りたいです。
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • シーシェパードはこのような行為を非難しないのか?
    • イイネ!732
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(376件)

ニュース設定