ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 神山健治監督作『ひるね姫』北米公開決定!

神山健治監督作『ひるね姫』北米公開決定!

5

2017年08月19日 08:15  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』が北米へ! (C) 2017 ひるね姫製作委員会
『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』が北米へ! (C) 2017 ひるね姫製作委員会

 映画配給会社GKIDSが、『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズなどの神山健治監督が手掛けたアニメーション映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』の北米配給権を獲得したと発表した。


 本作は、岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のたもとののどかな町で暮らす親子の絆を、夢と現実を結び付けつつ描いた作品。高校生の森川ココネはいつも眠気に襲われて、どこでもウトウトしていた。ところが2020年の東京オリンピックが間近に迫ったある日、家族にある事件が起きたことで、両親に秘密があることを知ったココネは、その謎を夢の中で解き始めていく……。


 声優キャストには、主人公のココネ役で高畑充希、そのほか満島真之介、古田新太、高橋英樹、江口洋介らが名を連ねている。


 そんな本作の米公開は9月8日にニューヨークのヴィレッジ・イースト・シネマとロサンゼルスのレムレ・モニカ・フィルム・センターで限定公開され、その後米国内で拡大公開される予定だ。同作は、アヌシー国際アニメーション映画祭に出品され、ファンタジア国際映画祭では観客賞(アニメ部門)を受賞している。今作が、アメリカでどのように評価されるのか楽しみだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】
映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』予告編
満島真之介いなかったことに?高畑充希の記憶から消える
なぜ日常系が流行る?「攻殻機動隊S.A.C.」神山監督が感じたアニメファンの世代交代

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • ヒットするのかな?
    • イイネ!12
    • コメント 0件
  • ヒットするのかな?
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

オススメゲーム

ニュース設定