ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > KAT-TUN上田が連ドラ初主演

KAT-TUN・上田竜也、連ドラ初主演 『新宿セブン』テレ東でドラマ化

148

2017年08月21日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真上田竜也(KAT-TUN)、連続ドラマ初主演。テレビ東京系ドラマ24『新宿セブン』10月スタート(C)観月昴・奥道則/日本文芸社(C)2017「新宿セブン」製作委員会
上田竜也(KAT-TUN)、連続ドラマ初主演。テレビ東京系ドラマ24『新宿セブン』10月スタート(C)観月昴・奥道則/日本文芸社(C)2017「新宿セブン」製作委員会
 KAT-TUNの上田竜也が、10月スタートのテレビ東京系ドラマ24『新宿セブン』(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12)で連続ドラマ初主演を務めることがわかった。東京・新宿歌舞伎町の質屋を舞台に、天才鑑定士の主人公が訳ありなお客と関わり、トラブルに立ち向かう痛快なヒューマンミステリードラマ。主題歌も初めてソロとして担当する。

【写真】7月期は『下北沢ダイハード』を放送中

 上田は「今まで、いろんなドラマに出させていただきまして、やることは今まで通り、『全力でやる!』ということは変わりないのですが、やっぱり芝居が好きで、芝居をやっていくうえで、主演というのはひとつの夢だったので、すごくうれしく光栄に思います」と喜びを言葉にした。

 同ドラマは、『漫画ゴラクスペシャル』(日本文芸社)で連載中の同名漫画(原作:観月昴、作画:奥道則)が原作。質屋の店主で抜群の鑑定眼を持った主人公・七瀬(上田)が、「物」の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するストーリー。「原作の漫画を読んだことがあったので、この作品をやらせてもらえるんだ!とびっくりしたのが素直な気持ちです。自分の中でひとつ、こういった役柄は絶対にやりたいと思っていたので、引き寄せられたというか…。自分の持っているものをうまく引き出しやすい役かなと思います」と力を込めた。

 ドラマ24枠では異例の海外ロケも敢行。「多国籍」「謎」「猥雑さ」を想起させる演出にこだわり、知的好奇心をくすぐる鑑定品の情報をはさみながら、アクションシーンもふんだんに取り入れていく。ボクシング歴10年以上の上田はアクションシーンが「すごく楽しみですね。自分の気持ちとしてはガンガンやっていきたいです! どんな要望にも応えようと思いますし、やりがいがあります」とやる気満々。「七瀬は、自分よりもうちょっと体格がいい役なので、監督にも言われて、体重を増量しようかと考えています」。

 グループ活動は充電期間中だが、メンバーの中丸雄一が4月期に同局の土曜ドラマ24『マッサージ探偵ジョー』に出演し、主題歌も担当していたが、「観ていましたよ。中丸君らしい、すごくハマったと役いうか、シュールでいいところが出ていましたね。中丸君がやっていたジョーの主題歌もドラマの世界観に合ってましたが、今回自分がやらせていただくことになり、“自分の色”みたいなものが明確に出ると思うので、『新宿セブン』の世界観を自分の中でも楽しみたいと思います」と話していた。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • すごいじゃん!応援してるよ! 楽しみにしてる!
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • これは観ないと。 上田くんの演技に注目だ。
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(34件)

チケット情報

チケット

KAT-TUN(カトゥーン)のチケット

1944枚のチケット出品 :  ¥3580

ニュース設定