ホーム > mixiニュース > 政治 > 京都市の宿泊税 200〜1千円に

京都市の宿泊税は200〜1千円に 全国最高額の条例案

75

2017年09月13日 12:12  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 全国で初めてすべての宿泊施設の利用者に宿泊税を課すことを目指す京都市は、税額を宿泊料金に応じて200円から1千円とする条例案をまとめた。来年度導入をめざし、21日開会の9月議会に提出する。13日、市への取材で明らかになった。最高税額は、すでに導入している東京都(200円)や大阪府(300円)を大きく超える。


 条例案では、1泊当たりの税額は宿泊料金が2万円未満の場合は200円、2万円以上5万円未満は500円、5万円以上は1千円と設定。ただし、修学旅行などの学校行事に参加する児童・生徒と引率者には課税しないとしている。


 東京都と大阪府は1泊1万円未満は非課税で、課税されても最低税額は100円。これに対し、京都市は低価格の施設利用者も含めて広く課税し、高額な場所に泊まればより大きな負担を求める。税収は年間で約46億円を見込み、観光客増に伴う渋滞対策や観光振興策にあてる。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • こんなことをするから、民泊が増えるんだよ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • まあ、京都の売り上げを減らして、もっと儲けを地方に分散させるためには、仕方ないだろう( ;∀;)京都はさびれて、閑古鳥が鳴くくらいの方が、文化財の保護のためには致し方ない。
    • イイネ!35
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(51件)

ニュース設定