ホーム > mixiニュース > 地域 > 炒め物食べた3歳女児死亡 O157問題の系列店で購入

炒め物食べた3歳女児死亡 O157問題の系列店で購入

194

2017年09月13日 12:21  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 群馬県や埼玉県で、同じ系列の総菜店でポテトサラダなどを買って食べた人たちが、相次いで腸管出血性大腸菌O(オー)157に感染した問題で、前橋市保健所は13日、新たに都内在住の女児(3)が同市内の系列店の総菜を食べ、死亡したと発表した。この問題で死者が確認されたのは初めて。


 保健所によると、女児は8月11日に前橋市在住の親戚の女性と一緒に、総菜店「でりしゃす」六供店で購入した炒め物などを食べた。数日後に下痢や腹痛を起こし、都内の病院に入院したが、9月上旬に死亡した。親戚の女性も下痢などの症状を起こしたが、回復しているという。


 保健所は東京都からの情報などを照合し、これまでの感染者から検出された菌と遺伝子型が一致したため、同店の総菜が食中毒の原因だと断定した。女児らはエビやタケノコの炒め物などを食べているが、ポテトサラダなどのサラダ類は買って食べていないという。炒め物は総菜店の運営会社「フレッシュコーポレーション」(群馬県太田市)で調理され、各店舗に納入されていた。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 食料品の量り売りは客にさせない方がえぇやろ。衛生観念は人それぞれ´д` ;それにしてもO-157にもアベガーってどないな脳ミソしてんねん!
    • イイネ!23
    • コメント 0件
  • まさかポテトサラダ食って死ぬとは思ってもみなかったやろに。お気の毒としか言いようがない。
    • イイネ!145
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(120件)

ニュース設定