ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > ゲーム先行配布は不公平と議論

「特定ユーザーに発売前のゲームを先行配布」はフェアじゃない? eスポーツ種目として不公平が生じると議論

109

2017年09月13日 20:22  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真MVCI公式サイトより
MVCI公式サイトより

 9月21日発売(海外では19日発売)の新作格闘ゲーム「マーベル VS. カプコン:インフィニット(MVCI)」について、まだ発売前にもかかわらず海外の特定ユーザーがプレイ動画を配信し、議論に発展しています。配信していたユーザーの中には、プロゲーマーのJustin Wong氏らの名前もあり、SNSでは「(e-Sports種目として)フェアではないのでは」との声も。


【プロゲーマーの動画配信画面】


 今回動画を配信していたユーザーは、メーカーから事前に「アーリーアクセス版(一部の機能が制限された早期バージョン)」を受け取ったと書き込んでいました。アーリーアクセス版とはいえ、発売前のゲームをメーカーが、ある特定のユーザーにのみ配布するというのは異例のこと。


 格闘ゲームでは、単純に“そのゲームをやり込んでいるかどうか”がゲームの強さを決める大きな要素。早い時期にプレイすることはそのゲームの強さに直結するため、eスポーツとして大会が行われるタイトルであれば良い結果を残せたり、賞金を得られたりする可能性が高まります。“マブカプ”シリーズは過去のタイトルが世界大会の正式種目の常連で、MVCIもリリース後に賞金付き大会が開催されることが見込まれており、前述のような「フェアではない」とする意見が挙がる要因となっているようです。


 また、今回アーリーアクセス版を配信していたプレイヤーの中に世界的な強豪プロゲーマーもいたことから「プロを優遇しているのでは」との批判も。一方、影響力の強いインフルエンサーに発売前のゲームをプレイしてもらうことは、ゲームの宣伝として効果的であり、1つのPR手法にすぎないとする意見もあるようです。


 格闘ゲームの新作はアーケード版の稼働が先行する慣例があり、アーケード版がリリースされない海外では新作に触れるタイミングが遅れてしまうことも。そういった海外と日本の格差を埋めるためにアーリーアクセス版を海外で配布したという見方もできますが「不特定のユーザーにプレイさせることと、特定のユーザーにアーリーアクセス版を配布することは違う」との意見も。


 Justin Wong氏は、米国で9月22日から開催される大会について「フェアではない」としてMVCIのエントリーを行わなかったことを発表。有名ゲーム実況者などのインフルエンサーを活用した宣伝手法は国内でも頻繁に行われていますが、eスポーツタイトルのアーリーアクセス版の扱いは今後の課題になりそうです。


あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • つまりおもしろいゲームはもうアーケードでは産まれ得ない特に格ゲーでは
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 宣伝効果を狙った先行配布自体には文句は言わないが、今回はそれが賞金の出る大会に使用されるソフトだって事が問題なのではないだろうか?
    • イイネ!44
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(80件)

オススメゲーム

ニュース設定