ホーム > mixiニュース > 政治 > 領土前進へ「機を逃さず」=山口公明代表がモスクワで講演

領土前進へ「機を逃さず」=山口公明代表がモスクワで講演

5

2017年09月13日 23:05  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真モスクワ国際関係大学で講演する公明党の山口那津男代表(中央)=13日午後、モスクワ
モスクワ国際関係大学で講演する公明党の山口那津男代表(中央)=13日午後、モスクワ
 【モスクワ時事】ロシアを訪問中の公明党の山口那津男代表は13日、モスクワ国際関係大学で講演し、日ロ関係について「(前進させる)絶好のチャンスを迎えており、この機を逃すわけにいかない。今まさに両国間でなすべきことをなさねばならない時が来ている」とし、北方領土問題などの課題解決に取り組む必要性を訴えた。

 山口氏は、首脳会談を重ねる安倍晋三首相とプーチン大統領に「個人的な信頼関係が生まれている」とし、昨年12月の会談後、「日ロ関係は新たな局面を迎えている」との見方を示した。

 特に、両首脳が日ロ双方の法的立場を害さない形で北方四島での共同経済活動に関する協議開始で合意したことを「平和条約締結に向けた重要な一歩」と評価。「公明党としても英知を結集し、4島の帰属問題について双方受け入れ可能な解決策を見いだすべく全力で取り組む」と述べた。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 取り組みは大事だが現時点でまるで進展は無い。ロシアは大戦の戦利品程度にしか認識してないから、彼らを弱らせてから交渉材料にするか、日本の核武装による米軍撤退後にしかチャンスはないよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 本当にこんなことロシアで講演したのですか。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定