ホーム > mixiニュース > 政治 > 20年までの改憲見通せず=山口公明代表

20年までの改憲見通せず=山口公明代表

12

2017年09月14日 00:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【モスクワ時事】ロシアを訪問中の公明党の山口那津男代表は13日、安倍晋三首相が目指す2020年までの憲法改正について「簡単に、実現するかどうか見通すことはできない」と述べ、容易ではないとの認識を示した。モスクワ国際関係大学の学生らとの質疑で語った。

 山口氏は首相が提起した9条改正に関し、「国論が大きく分かれる可能性がある。政権そのものの維持にリスクが生じる恐れがある」と指摘。「相当な国民の賛同と、国会議員の幅広い賛同がなければ難しい。今は、とてもそこまでいっていないので、はっきり言って難しい」とも語った。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 神奈川新聞に掲載された池田大作氏名義の「核なき世界へ 市民の声を」という記事が震源地かもしれません。http://netgeek.biz/archives/102645
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • …「『共産党をも含む』野党+市民共闘」が、結束・大同団結→共闘統一候補一本化して、「自公維心フ幸」=「与党共闘」への落選運動を大々的に行えば、次期衆院選過半数奪取で、戦争法も共謀罪も廃止=改憲阻止も可能!
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定