ホーム > mixiニュース > 海外 > 米大統領、合法移民削減とドリーマー保護で歩み寄りを提案=議員

米大統領、合法移民削減とドリーマー保護で歩み寄りを提案=議員

1

2017年09月14日 12:58  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は、米国に合法に入国する移民を制限する共和党の法案と、幼少期に親と不法入国した「ドリーマー」を保護する措置を巡り、議員らに歩み寄りを提案した。


ホワイトハウスでの会合に参加した民主党のクエラー下院議員が13日明らかにした。


同議員によると、複数の議員を集めた会合で、大統領は約80万人いるとされる「ドリーマー」の保護に支持を表明した。


大統領は先週、ドリーマーに一時的に就労許可を与え強制送還を猶予する制度の撤廃を決定。一方で、撤廃時期は来年3月以降として半年の猶予期間を設け、議会に法制化を委ねた。


クエラー議員によると、大統領は共和党上院議員がまとめた合法移民の削減法案を検討するよう議員らに要請。民主党のクエラー議員に対し、この法案をまとめた共和党のコットン上院議員と話し合うよう求めたという。多くの民主党議員は共和党の移民削減案に反対している。


ホワイトハウスは会合の詳細に関するコメントの求めに応じていない。


民主党と一部の共和党議員はオバマ前政権の頃から、ドリーマーを強制送還から守るため、米国で合法に就労する能力を育成し、最終的に市民権を与える「ドリーム法案」の成立を目指している。


クエラー議員は「われわれは、ドリーム法案を成立させる必要があると述べると、大統領は『イエス』と応じた」と述べた。


また、大統領は移民に関する法案に新たな国境警備対策を組み込む必要があるとしたが、メキシコ国境に壁を建設する予算については「別の法案に盛り込む」と述べたという。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 「メキシコ国境に壁を建設する予算については『別の法案に盛り込む』と述べた」ってことは、結局、メキシコに支払わせるという公約はチャラですか。ま、誰も実現するとは思っていなかっただろうけど(苦笑)
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定