ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > モバイル > Androidの後追いでワクワクがなかったiPhone X。でも信者だから言う「アップルはそれでいい」

Androidの後追いでワクワクがなかったiPhone X。でも信者だから言う「アップルはそれでいい」

1

2017年09月14日 17:03  Engadget

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Engadget

写真    Androidの後追いでワクワクがなかったiPhone X。でも信者だから言う「アップルはそれでいい」
Androidの後追いでワクワクがなかったiPhone X。でも信者だから言う「アップルはそれでいい」

こんにちは、東です。毎年恒例のアップル発表会の感想戦、今年も参加しました。


さて、発表会でお披露目された「Apple Park」は素晴らしかったですね。 緑あふれるパークの楽園のような美しさもさることながら、宇宙からやってきた円盤のようなシアターもインパクトがありました。

このApple Park、スティーブ・ジョブズがますます神格化される中、全体を通して現世から隔離された巨大な宗教施設のようで、発表会の始まりも、亡き人を偲ぶ法事のようだったのが印象的です。

こちらの写真、我らが矢崎編集長がちらりと見切れて写ってました! チラ写りですぐに認知できてしまう顔面情報デザイン力にびっくりしつつ。さて、みなさんあまりに楽しそうで、Apple的には発表内容より、Apple Parkを正統な伝道師であるティアワンのみなさんに見せつけるのが本当の目的だったのでは、疑惑も....。


ともかく、これからどんどん上がるであろう聖地巡礼組の皆さんのパークレポートを楽しみにしています。

 



iPhoneXの登場でやっとAndroidに追いついた?

One more thing... と、期待をもって最後に登場した「iPhone X」。すでに出回っていたCGから予測がついていたとはいえ、おい、Galaxy S8 そっくりやないか、と肩透かしをくらった方も、多いのではないでしょうか。

もちろん、興味を惹かれる機能は、たくさんあります。

双子をも見分けるという立体顔認識ロック解除機能の「Face ID」。Face IDにも使われている「TrueDepth」カメラシステムで自分の表情をトレースして動く絵文字をつくれる「Animoji」。拡張されたポートレートモード、4K/60フレームに対応した動画撮影、AR、非接触充電機能など。

ただ、既存のAndroid端末を後追いしながら完成度を高めてパッケージング(この完成度がすごいわけですが)した感は否めず、全体を通して感じたのは「Androidで使ってみたかったいろんな機能がやっと実装されて嬉しい」という、消極的な喜びでした。

 

むしろ、未来を予感させたのは、iPhone Xよりも、Apple Watchです。

 



スマートフォン時代に引導を渡すかもしれないセルラー版「Apple Watch」の登場

今回からセルラー対応をしたApple Watch。しかも今使っているiPhoneの番号がそのまま使える、ということで、俄然購買意欲が湧いた方も多いのではないでしょうか。

本当にいるのかはさておき、特撮育ちの私たちにとって、ウルトラセブンのように腕の装置に直接話しかけられるのは、それだけで昭和から来た近未来感があり、無条件にワクワクします。

会場のプレゼンテーターと、SAPを漕ぎながら登場する画面の向こう側のスタッフが、Apple Watchを通してリアルタイムで会話するデモンストレーションも、なかなかインパクトがありました。

とはいえ、日本人は、人目があるところでデバイスに「Hey Siri」と呼びかけることはおろか、ハンドフリーで通話することに大きな抵抗を感じる人がほとんどです。音声認識の精度が非常に高くなり、Amazon Echo を始めとする音声アシストデバイスが雨後の筍のように出始めている中、いまだ照れて、ガジェットに話しかけられないのが、私たち日本人。

なので、このセルラー版「Apple Watch」に「AirPods」と、高性能なウエアラブル端末の組み合わせをAppleが完成させたことで、やっと、ちょっと使ってみようか、というユーザーが増え、長く続いたテキストベースのスマートフォンの世界から、音声アシストへ時代が移行していくきっかけになるかもしれない、そんな可能性を感じました。

 



ポートレートラインティグモードより、美肌モードが欲しかった..。

さて、今回の発表は、全体を通して、ハードに対する驚きはありませんでした。

春先から重なる情報リークにより、ある程度発表内容に予測がついていたこと。新機能は、すでに他メーカーでも実装されているものが多く、これは革新的だ! と思われるような内容は、少なかったように感じます。

Androidの後追いでありながら、妙齢の女性自撮り勢に必須の美白機能などフロントカメラ拡張トレンドがスルーされていたのも、意識の高いApple製品らしくはありつつも、少し残念でした。

ポートレートライティングモードはいらない。

全体的に洗練されすぎて、美男美女ナチュラルリア充勢からますます切り捨てられているような寂しさがあります。もう一度いいますが、用途がいまいち見えないお洒落なポートレートライティングモードより、フロントカメラに美肌モードを搭載してほしかったです。

 



じゃあ新しいiPhoneは買わないのか、と聞かれば、もちろん、買います!

すっかり慣れ親しんだiOSデバイスはもはや我が半身ですし、さらに、圧倒的に処理が速く、できることも格段に増えるとなれば、日常生活をより快適にするために、買わない理由がないからです。

Appleデバイスは、過不足ない機能をスマートに高速に処理してくれたら「それでいい」。 今回の発表で改めて「もはやAppleは自分にとって革新的な存在である必要がない」と、改めて感じました。 信者である私たちにとって、秋の新製品は、年に1度納める定期納税のようなもの。納めて気持ち良く使うのがApple製品です。

そして、なんだかんだいいながら、手に取るとその完成度の高さに夢中になって、布教活動を始めてしまうのもApple製品。私も立派な信者のひとりではあります。画面越しには受け取れきれなかったその魅力、早く手にとって体験したいと思います。

関連記事:




速報:iPhone 8/Plus発表。「いつも通りの使い勝手」を保ちつつ最新世代の性能を備えた新主力機
速報:iPhone X正式発表。次世代感満載の超狭額縁デザインに5.8型有機EL画面と最新技術を結集
動画:アップル発表会まとめ、iPhone X、Apple Watch 3の注目ポイント解説
80秒でわかる iPhone X, Apple Watch Series 3, iPhone 8ハンズオン動画
速報:iPhone X・iPhone 8実機ハンズオン・レビュー
iPhone X(テン)は11月3日発売、10月27日予約開始。11万2800円〜
iPhone X / 8 Plus / 7 Plus 新旧スペック比較。未来を目指すXと正常進化の8 Plus
iPhone X /8 /7 スペック比較。性能と革新のX、安心感保ち性能アップの8
ホームボタンのない「iPhone X」でスクショを撮る方法(動画)
iPhone XのFace ID、誤認証は「100万回に1回」とアップルが自信
iPhone Xは「最後のiPhone」であり、Appleからの挑戦状だ:情熱のミーム 清水亮
iPhone 8 / Plusは9月22日発売、15日予約開始。7万8800円から
iPhone SE / 7 / 6s が値下げ。1万1000円から5000円安、256GBモデルは廃止
Apple Watch Series 3発表。音声通話も可能なLTE通信対応で実用度アップ、処理速度は70%強化
Apple Watch Series 3はドコモ・au・ソフトバンク対応で9月22日発売、3万6800円〜
Apple TV 4K発表。A10X Fusion搭載、HDR10およびDolby Visionサポートで9月22日発売

写真や動画、関連情報も満載。元の記事はこちら

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 「ガラケーで似たような機能あるやんけ」「こんなん高すぎて買えんわ」って?んなら、そのお手手に握られてる光る板状の物体を売っ飛ばしてガラケーに持ちかえろよ。 https://mixi.at/aeK8OS4
    • イイネ!0
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定