ホーム > mixiニュース > 地域 > パトカー事故で賠償命令=母子死亡、県に1350万円−神戸地裁

パトカー事故で賠償命令=母子死亡、県に1350万円−神戸地裁

8

2017年09月14日 19:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 兵庫県丹波市で2014年、県警のパトカーと乗用車が衝突し母子が死亡した事故をめぐり、遺族が県に約1億8200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、神戸地裁であった。本多久美子裁判長(黒田豊裁判長代読)は、パトカーを運転していた警察官の過失を認め、県に約1350万円の支払いを命じた。

 判決によると、事故は14年4月13日昼ごろ、丹波市内の県道交差点で発生。青信号で進入した県警丹波署のパトカーと乗用車が衝突し、乗用車を運転していた女性=当時(34)=と同乗していた長男=同(5)=が死亡した。

 本多裁判長は、赤信号で交差点に進入した乗用車側の過失を認めた上で、「警察官は乗用車の進入速度などから、前方不注意などの可能性を考えて停車する余地があった」と判断した。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 青信号側に過失が出るのが不思議な人も居る様だけど、青信号は「進め」じゃ無くて「進んでもいい」なんですよ。青信号を渡ることによって事故が起こる事が予見出来るなら渡っては行けないのです。
    • イイネ!6
    • コメント 2件
  • 「赤信号で交差点に進入した乗用車側の過失を認めた上で、「警察官は乗用車の進入速度などから、前方不注意などの可能性を考えて停車する余地があった」と判断した」←警察官にどこまで能力を求めるんだ?
    • イイネ!30
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定