ホーム > mixiニュース > 経済 > レオパレス、東京でも集団提訴

レオパレス、東京でも集団提訴=所有者「契約通り修繕せず」−地裁

411

2017年09月20日 17:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 賃貸アパートの外壁などが契約通りに修繕されていないとして、不動産大手レオパレス21(東京都中野区)と契約を結んでいる全国のアパート所有者45人が20日、支払い済みの修繕費約2億4000万円の返還と契約の無効を同社に求め、東京地裁に提訴した。

 訴状などによると、レオパレスは「建物メンテナンス契約」を所有者と締結し、月10万円程度を徴収。しかし、所有者が調査したところ、事前に目安として説明された箇所の1割程度しか修繕されていなかったという。

 同様の訴訟は8月に東海地方の所有者29人が名古屋地裁に起こしている。

 レオパレス21の話 訴状の内容を精査し、当社の正当性を主張していく。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 引っ越しして、賃貸に入居してみないとわからない。こういう情報が事前に知られてると、ブラック企業の餌食にならなくていいよね。D東建託もひっ越し=引き払いの際、ヒドイな感じました。
    • イイネ!2
    • コメント 1件
  • 敷金や修復費ってもはや大家や不動産屋さんの言い値みたいなところあるもんね。そういうもんだって言い聞かせて払ってきたけど、こういう騒動をきっかけにもっと内容の透明度が増せばいいと思う
    • イイネ!363
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(240件)

ニュース設定