ホーム > mixiニュース > コラム > 覚えていますか メガ盛りヘア

伝説の髪形「昇天ペガサスMIX盛り」って実在したの? 「メガ盛りスタイル」のその後を歌舞伎町のヘアサロンで聞いてきた

206

2017年09月22日 11:23  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真“昇天ペガサスMIX盛り”。覚えていますか?
“昇天ペガサスMIX盛り”。覚えていますか?

 今からおよそ10年前に誕生したヘアスタイル、“昇天ペガサスMIX盛り”を皆さんはご存じでしょうか。


【伝説の髪形「昇天ペガサスMIX盛り」って実在したのか調べてみた】


昇天ペガサスMIX盛り


 2009年5月5日に発行された『盛り髪セットサロンバイブル/SAKURA・MOOK38』で、盛り髪セットの“バイブル”として紹介された“昇天ペガサスMIX盛り”は、その強烈なネーミングやフォルムから、見るもの全てを「まじかコレ」とざわつかせました。


 わずか見開き1ページで紹介されたヘアスタイルでしたが、これに相乗した形としてさまざまな“メガ盛り”ヘアスタイルが誕生し、その独創性や奇抜さは常に見るものの度肝を抜くものでした。


【“メガ盛り”名称一覧(抜粋・原文ママ)】


『盛り髪セットサロンバイブル』


・「トルネード花魁アップ」―― 大きなお花をのせた玉ねぎ状のアレンジ☆


・「ポンパ巻き貝ハーフアップ」―― ねじり上げてつくったインパクト大の盛り


・「昇天ペガサスMIX盛り」―― 天まで届くペガサスの角のような超高層ヘア!


『キラキラhair』


・「ベルサイユ宮殿盛り」―― マイナスイオン大量発生! ゴージャスお花づくし!


・「鳥かごのせちゃいました! 盛り」―― 私だけの小さな恋人(ハート)いつまでも一緒にいたいから…


・「私の船に乗りなさい! 盛り」―― 逆巻く波にも動じない! タフな女パイレーツ


『小悪魔ageha』


・「阿修羅ヘア」―― 360度どの角度からも睨みきかせて戦いの神団子


・「東京タワー(ハート)」―― 華やかに凛と立つタワーな女になりたい(ハート)


・「綾波レイ盛り」―― 使徒がやってくる前に盛り髪を完成させなくては…


 第二次ギャルブーム真っただ中の2000年代後半、キャバ嬢がモデルを務める雑誌『小悪魔ageha』が提案する華やかな姉ギャル・姫ギャルファッションは当時のギャルから絶大な人気を誇っていました。


 目を大きく見せる“デカ目”メーク講座や、キャバ嬢向けヘアスタイルの“盛り髪”紹介などといったさまざまな人気コーナーが話題を呼び、急速に読者の数を伸ばした同誌。“昇天ペガサスMIX盛り”が『小悪魔ageha』発祥と認識されていることが多いのは、同誌が常に新たな文化を発信していたからかもしれません。


 当時、油性のマジックペンをアイライナーとして使用するゴリゴリの黒ギャルだった筆者も、『小悪魔ageha』に登場するモデル・荒木さやかさんにハートを撃ち抜かれ、デカ目メークに精を出す白ギャルに転身したり、「18歳になったらキャバクラに体入(体験入店)して、さやかちゃんみたいな盛り髪にしてもらうんだ!」と将来の夢を見いだしたりしたものです。


 それだけに筆者は、ようやく18歳を迎えたとき目にした“昇天ペガサスMIX盛り”に「ゥケる(そんなばかな)」と衝撃を受け、“鳥かごのせちゃいました! 盛り”に「まぢパない(どうなってるんだ)」と動揺し、都心部のキャバ嬢たちは一体どんなヘアスタイルで男性客を魅了しているの? と、体入どころではない疑問に苛まれたのです。


 “昇天ペガサスMIX盛り”が誕生してからおよそ8年。当時、第一線で働くキャバ嬢の方が身の回りにいない人にとって知るよしのなかった「“昇天ペガサスMIX盛り”をしていたキャバ嬢っていたの?」という疑問の真実を求め、筆者は日本三大歓楽街の1つ、新宿・歌舞伎町へ行ってまいりました。


“昇天ペガサスMIX盛り”をしていたキャバ嬢っていましたか?


 とはいえ、道行くキャバ嬢の方を呼び止め「昇天ペガサスMIX盛りしてますか?」と聞いていては、らちもあかなければ不審者にもなりかねないので、キャバ嬢のヘアスタイルにもっとも寄り添っているであろう、ヘアセット専門サロンへ当時の疑問をぶつけることにしました。


 快くご協力下さったのは、新宿・歌舞伎町にある「ヘアセットアップス」。キャバ嬢、ホストなどのヘアセットはもちろん、一般のお客さまへ向けたヘアセットやエクステンションなども施すヘアセット専門サロンです。


 インタビューに答えていただく店長の菅野さんは、2005年ころから新宿・歌舞伎町でキャバ嬢のヘアセットを作り続け、2009年に同店をオープンさせました。


 あれだけ世を騒がせた“昇天ペガサスMIX盛り”。長年、キャバ嬢のヘアスタイルの変移を見てきた菅野さんならオーダーされたことがあるかもしれません。セットするのも大変だったことでしょう。ぜひ、その時の心境を伺いたいものです。


―― 早速ですが、“昇天ペガサスMIX盛り”をしてるキャバ嬢っていましたか?


菅野さん:いなかったと思います。12年間ほど歌舞伎町でスタイリストをやっていますが、街で見かけたこともないですね。


 ……おっと、どういうことだ。「今はさすがにいないけど昔はいました」や「1人だけ見た」や「いた気がしてきた」や「僕がしてました」ではなく、見たこともないというのです。


―― そうなると、“トルネード花魁アップ”や“鳥かごのせちゃいました! 盛り”も?


菅野さん:僕の知る限りではいませんでした。“昇天ペガサスMIX盛り”などの名称が付くもの、付かないオリジナルのもの関係なく、“メガ盛り”と呼ばれるヘアセットのオーダーをいただいたことはありません。まわりのスタイリストから聞いたこともないですね……。


 どうやら、“昇天ペガサスMIX盛り”やそれに派生するメガ盛り髪は、あくまで雑誌の一企画として紹介されていたもので、菅野さんやまわりのスタイリストが実際にオーダーされる事例や目撃例はなかったそうなのです。筆者を含め、都心部では“昇天ペガサスMIX盛り”を頭にかかげるキャバ嬢がいたと信じていた方も多かったことでしょう。すると、当時のキャバ嬢たちは一体どんなヘアスタイルをしていたのでしょうか。


―― その当時のキャバ嬢のヘアスタイル事情は実際のところどういうものでしたか?


菅野さん:“盛り髪”は確かに流行っていました。逆毛で作った“盛り”の部分が高ければ高いほど「目立てる!」ということで、高く盛ってほしいとオーダーをいただくことは本当に多かったです。


―― そのような“盛り髪”のオーダーは今でもありますか?


菅野さん:コンサートなどのイベントで目立ちたいお客さまからのオーダーはありますが、夜のお仕事をされてる方からの“盛り髪”のオーダーはありません。他のヘアセット専門サロンでは、盛り髪セット自体を取り扱っていないとも聞きます。


―― 現代のキャバ嬢のヘアスタイルはどういったものが主流ですか?


菅野さん:いかにナチュラルに見せるかを重視したヘアスタイルが主流だと思います。当時は盛り髪が作りやすいウルフカットが流行っていましたが、今は重心が毛先にあるワンレンが流行っていますよね。でも、ワンレンの髪の長さや重さが盛り髪には向いていないんです。そういったことから、盛り髪のオーダーがなくなっていったのではないでしょうか。


―― ちなみに、“昇天ペガサスMIX盛り”をオーダーすると時間や料金はどのくらいかかりますか?


菅野さん:“昇天ペガサスMIX盛り”などのメガ盛りに関しては、オーダーをされても料金関係なく承ることは難しいです。あれを作るのには針金や装飾品などといった材料が必要だと思うので、材料を持ち込んでいただくなど、準備が整っていて、こちらの時間に相当余裕がある場合でない限りは、基本お断りさせていただきますね……。


―― 盛り髪などのブームはいつ頃がピークだったんでしょうか?


菅野さん:実際のところ、“昇天ペガサスMIX盛り”などが雑誌で紹介されていた2009年頃にはもう盛り髪ブームは下火でしたね。一番盛り上がっていたのはそれ以前の2005年から2008年ころだと思います。


―― 歌舞伎町で働くキャバ嬢のヘアスタイルを見続ける菅野さんとしては、その当時や、今についてどのように感じますか?


菅野さん:当時のヘアスタイル文化はとても面白かったと思います。あの頃のような盛り上がりをもう一度巻き起こしたいと話しているスタイリストは結構多くて、それにはぼくも強く共感するんです。今後、盛り髪かどうかは別としても、あの頃のように話題になるような新しいヘアスタイルを作れたらうれしいですね。


“メガ盛り”とはなんだったのか


 “昇天ペガサスMIX盛り”をしていたキャバ嬢は実在しませんでしたが、“盛った”髪の高さで自身をアピールしていた時代は確かに存在していました。


 レディ・ガガやきゃりーぱみゅぱみゅが奇抜なヘアスタイルを披露しても、生肉を体に巻きつけても、原宿でいやほいしても、それでも現在まで語り継がれる“昇天ペガサスMIX盛り”は、夜の街で華やかに、そしてたくましく生きる彼女たちの“強さ”が具現化したものだったのかもしれません。


 個性の置きどころが多様化し、嗜好のセンスや知識、ライフスタイルなど、あらゆるもので自身の“強さ”を主張することができる現代で、自分にとって“強い”と思えるものを愚直に主張した当時のキャバ嬢のスタイルは、その頃を知らない若い人たちにとっては新鮮なものとして目に映ったのではないでしょうか。


 これからも新たな文化が築き上げられていくことを予感した今回の取材。いつかまたストレートな“強さ”を示す時代が巡ってきたとき、“昇天ペガサスMIX盛り”がオーダーされる日が訪れるのかもしれません。


●参考文献


盛り髪セットサロンバイブル/SAKURA・MOOK38


キラキラhair/SUN MAGAZINE MOOK


●取材協力


ヘアセットアップス


あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • キモいwwwwww こんなキャバ嬢ついてほしくないわwwwwww
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ペガサスの角のような超高層ヘア←角があるのはユニコーンの方ですよね(´・ω・`)
    • イイネ!153
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(123件)

ニュース設定