ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > インターネット > 風邪薬CMあるある詰め込んだMV

「娘が母を心配しがち」「ドーンと際立つコピー」 風邪薬CMあるある、タケダがMVに 岡崎体育を意識?

78

2017年10月12日 11:01  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真「風邪と言えばネギ」ということで、「風邪薬あるある」を盛り込んだミュージックビデオにはNegiccoが登場する=武田コンシューマーヘルスケア
「風邪と言えばネギ」ということで、「風邪薬あるある」を盛り込んだミュージックビデオにはNegiccoが登場する=武田コンシューマーヘルスケア

 「誰がどう見ても風邪だと分かる人が冒頭に登場する」「娘が母を心配しがち」「治ったら両手を広げてアピールし、後光が差す」……。そんな風邪薬CMの「あるある」を詰め込んだミュージックビデオ(MV)がユーチューブに公開されました。このMVを作ったのは、「あなたのかぜに狙いを決めて」の「ベンザブロック」で知られる武田コンシューマーヘルスケア(東京、以下タケダ)。今、この動画を作った理由は何だったのでしょうか?(朝日新聞記者・永田篤史)

【画像でさらに】いつも風邪引く会議の日・突然横からタレント登場… 「あるある」とうなづくMVはこちら

若者のテレビ離れ→ネットで話題になるコンテンツを
 タケダは1994年から20年以上にわたり、「ベンザブロック」のテレビCMを展開してきましたが、昨今の若者のテレビ離れを受け、「ネットで話題になるコンテンツを作ることで、若い人たちにもベンザブロックが好きになってもらいたい」と考えたそうです。

作曲はヒットメーカーのヒャダインさん
 「かぜぐすリリック」と名付けたMVでは、「いつもかぜひく会議の日」「突然横からタレント登場」「ドーンと出てくる際立つコピー」「患部が光につつまれて」「治った喜び感じよう両手ひろげて」「どこかへ向かおう扉をあけて」などの「風邪薬あるある」の歌詞が、アイドル楽曲を中心に数々のヒットを飛ばすヒャダインさんの手による軽妙な曲に乗って展開されます。

 MVに起用したのは、「風邪と言えばネギ」ということで、新潟発人気アイドルグループ「Negicco」(ねぎっこ)。銀、青、黄の3色の「ベンザブロック」カラーの衣装を身にまとったメンバー3人が、風邪対策として長ネギを手にアピールする場面もあります。2003年の結成から活動15年目を迎えた点も、「長年にわたり、地道に活動している姿が、タケダの取り組みとも重なる」と評価されました。

岡崎体育さんからインスピレーション
 「あるある動画」と言えば昨年、ミュージックビデオの「あるある」を強調したシンガー・ソングライター、岡崎体育さんの動画が話題に。第20回文化庁メディア芸術祭では「エンターテインメント部門新人賞」を受賞するヒットとなりました。

 今回の「かぜぐすリリック」の着想自体は岡崎さんとは関係なく、「風邪薬のCMってお約束がたくさんあるよね」という点だったそうですが、「あるあるとしてのネタ感をどうやって出すか」という部分では、岡崎さんのMVにインスピレーションを得た部分があったそうです。

 タケダ側は「風邪がはやり出すこの時期に『クスリ』と笑えて元気になれるミュージックビデオをぜひお楽しみください」とコメントしています。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • なんだかんだ言って、岡崎体育の存在感はでかいんだなあと最近はつくづく思うよ。>
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • インフルエンザで39度の熱で寝込んでたら「ただの風邪だろ会社出てこい」、無理して出社して蔓延して10日ほど会社閉鎖にしてやりました(笑)
    • イイネ!56
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(41件)

ランキングIT・テクノロジー

前日のランキングへ

ニュース設定